正式名称「葛城一言主神社」は、御所市(ごせ・し)にあります。この案内板では、すぐ北は北葛城群新庄町となっていますが、すでに「葛城市」に変更されています。
 これからも勘違いしかねないのですが、いわゆる「葛城王朝」関係の地名や遺跡の多くは、この御所市に属しています。

 地図の中央部、金剛山の麓には「天孫降臨の台地」「高天ヶ原」などがあります。このあたり一帯は、古代史の謎がすぐに解明されるほどには、単純ではないようです。