太い黄色の円柱は、柱穴に差して遺跡の形状が分かるようにしていた。
 しばらくは不要なのだろう。