トラスというのは、三角形の線の組みあわせによる構造体です。トラス鉄橋というのは、いろいろなところでいまだに観ることができます。単純で、壊れにくい構造なのでしょう。

 この、北陸線電化記念館の天井がトラスになっているのは、そういう構造体が必要だったことよりも、デザイン的に、往年の国鉄トラス鉄橋をイメージしたのじゃないでしょうか?
 これは想像です。