asajihara.air-nifty.com > 20090827長浜研修

長浜城:石田三成歴史館
長浜城全体:東→西に向かって撮影
長浜城:再建・天守閣
長浜城:石垣根石
長浜城:天守閣の様子
長浜城:天守閣の人影
長浜城から西:高島市
長浜城から北西:奥琵琶湖
長浜城から東の眼下:長浜駅方向
長浜城から南:彦根市
長鉄博01:旧長浜駅舎鉄道資料館
長鉄博02:功和干時
長鉄博03:與國咸休
長鉄博04:旧長浜駅29号分岐器ポイント部
長鉄博05:現存最古の分岐器ポイント部
長鉄博06:万世永頼と旧・長浜駅舎玄関
長鉄博07:切符売り場?
長鉄博08:ホールと待合室入り口と旅人
長鉄博09:部屋の様子
長鉄博10:鉄道略則
長鉄博11:旧長浜駅・初代駅長 高橋善一
長鉄博12:汽船湖水丸
長鉄博13:逆転して運転
長鉄博14:北陸本線の交流電化
長鉄博15:交流と直流:専用電車や電気機関車
長鉄博16:田村駅での列車変更、交直流変更
長鉄博17:活魚車(かつぎょしゃ)の模型
長鉄博18:活魚車 ナ10形式 1935年製
長鉄博19:旧・長浜駅 明治20年頃
長鉄博20:昔の特急雷鳥か?
長鉄博21:長浜鉄道文化館の天井
長鉄博22:古い特急列車模型
長鉄博23:古い特急列車模型(2)
長鉄博24:古い電気機関車
長鉄博25:スイッチが一杯
長鉄博26:D51-793
長鉄博27:D51の運転操作室
長鉄博28:D51の運転室:右窓
長鉄博30:ED70-1と旅人
長鉄博29:ED70-1 唯一現存車
長鉄博31:ED70-1のプレート
長鉄博32:トラス天井
長鉄博33:ED70-1のパンタグラフ
長鉄博34:蒸気機関車D51のテンダー(炭水車)
長鉄博35:現代の長浜駅と新快速

<< 前 | トップページ | 次 >>

長鉄博18:活魚車 ナ10形式 1935年製

長鉄博18:活魚車 ナ10形式 1935年製

長浜鉄道スクウェア

2009年8月27日 (木)


活魚車(かつぎょしゃ) ナ10形式 1935年製
 琵琶湖産の鮎等生きた魚を運ぶために、特別な設備のある珍しい昔の貨車です。
 この模型は、1935年(昭和10)に実際に使われた活魚車と同時に作られました。車内の床には魚が泳ぐ水槽があって、走るときは車輪の回転によってポンプを動かし、屋根裏にあるタンクに水を汲込みます。タンクからはシャワーのように水を落としたり、ブレーキ用の圧縮空気を泡にして、水槽の底の方から吹き出します。停車中は付添の人が乗っていて、手動でポンプを動かします。長時間停車するときのために、水を冷やす氷の貯蔵庫や酸素を補給するボンベも備えています。

所蔵:交通博物館
出品:交通科学博物館

固定リンク