旅人の指さしている案内板は以下でした。

1・2等待合室(上・中等)
 当時の記録によると、2等待合室にはビロード張りのクッションの長椅子3脚が置かれ、八角形の釣ランプが取付けられていました。
 3等待合室と比較すると格段の差があり、上層階級(高級官僚等の)人々が利用したと思われます。