風が強いお昼でした。桜木に見とれていた二人に、しばし枝を止めてもらいました。