芭蕉堂(ばしょうどう)
 この堂は、江戸時代中期、俳聖松尾芭蕉をしのぶため、芭蕉にゆかりの深いこの地に、加賀の俳人・高桑闌更(たかくわ・らんこう)が営んだことに始まる。
 鎌倉時代の初め、諸国を旅して自然を友とした西行が、この地に阿弥陀房を訪ね、
   柴の庵と聞くはくやしき名なれども
     よにこのもしき住居なりけり(山家集)
と詠んでいる。芭蕉は、この西行を心の師とし、西行を慕って旅の生涯を送ったが、この地で、先の西行の作歌を踏まえて、
   しばの戸の月やそのままあみだ堂(小文庫)
の一句を詠んだ。この句を生かして闌更が営んだのが、この芭蕉堂である。
 堂内には、蕉門十哲の一人、森川許六が刻んだ芭蕉の木像を安置する。
 毎年四月一二日には花供養、一一月一二日には芭蕉忌が行われる。
 なお、東隣の西行庵庭内には、各務支孝(かがみ・しこう)が芭蕉一七回忌に建てた「かな書の碑」がある。
           京都市