ニンニクとか酒の肴になる辛いもの、あるいは酒や肉を食べた人は、寺にはいってはなりません、という意味が「不許葷辛酒肉入山門」(くんしん、しゅにく、さんもんに、いるをゆるさず)なのでしょう。佐野邸は禅宗寺院ではありませんが、造園業ですから、庭の様々なアイテムや、石材も扱っているのだと、想像。

 それとも、観桜の季節に庭を走り回る不心得者を、それとなく戒めているのかも知れません。しかし、嵐山・嵯峨野観光ルートからは大きく外れた地なので、酔っぱらいが大挙して来たり、勝手に庭でバーベキューする人は居ないでしょう。

 実は。宇治川沿いが、なかなかに、桜木が可哀相な状態なのです。自庭ならいざ知らず、なぜ、人は桜を見ながらバーベキューしなければならないのでしょう!