枝垂桜
 この桜は、「円山の枝垂桜」、「祇園の夜桜」として惜しまれながら昭和二十二年(一九四七)枯死した枝垂桜の二代目です。
 初代の枝垂桜は、八坂神社が、祇園感神院(ぎおんかんじんいん)と呼ばれていた頃、その坊の一つ宝寿院の庭にあったものといわれています。
 明治初年、この付近の池が官有地に編入され、樹木が伐採されようとしたとき、明石博高氏が名木を惜しみ、譲り受けて京都府に寄贈し、のちに円山公園が京都市に移管されるに伴って、市の管理となりました。
 初代の桜は、樹齢二百余年、根廻り約四メートル、高さ約十二メートルに及び、明治中頃には盛観を極めたといわれています。
 現在の桜は、十五代佐野藤右衛門氏により、昭和初年に初代の桜から種子を採って育てられたもので、昭和二十四(一九四九)に寄贈、植栽されました。
 この桜の正式な名は、「一重白彼岸枝垂桜」といい、数多い桜の種類の中では、最も寿命の長いものといわれています。
          京都市