一口に「二階建てトロッコ図書館列車」と言っても、想像しにくいでしょうが、自作車両ができるまでは、常にこの二両を原点として、イメージしています。

 上段写真が「二階建て列車」(TOMIX製のJRサロ124)
 http://asajihara.air-nifty.com/mu/2008/02/jr124_ab42.html
 下段が「トロッコ列車」(マイクロエース社の大歩危トロッコ号)

 上段は20m級の大量輸送(90名)を目的とした二階建てですから、そのままコンセプトを写すことはできません。下段は15m級のトロッコ列車ですから、目的に合致しています。
 想像するなら、JR124の全長を短縮し15m級の長さで、2階部分にトロッコ列車を載せたようなものになりそうです。

注記:二階建て列車のそれぞれの特徴は、「目次:嵯峨野鉄道図書館ジオラマ」を御覧下さい。
 http://asajihara.air-nifty.com/mu/2008/03/post_8dd8.html