カテゴリー「JR九州便」の2件の記事

2011年9月10日 (土)

九州2011夏:番外篇:JR九州特急「かもめ」や電気機関車EF81

1.九州の鉄道

Ef81403img_6606_2
↑鳥栖駅でみかけたEF81-403 の貨物(コンテナ)列車

 実際の旅行というのは体力や気力、時間、その他要因で変化するものだ。今回の九州行きで鉄道関係・鉄道図書館関係の当初目的はいつの間にか消えていた。有り体に言えば最後の小倉「松本清張記念館」行きに付随して、「門司港レトロ観光列車 潮風号」を実体験することも十分に考えていたのだが、結局二日目の九州国立博物館を見て歩き、吉野ヶ里遺跡展示館資料をながめて、残暑に体力気力を消耗し、最終日の「門司港まで行ってトロッコに乗るのは無理だ」と決定していた。

 しかし、行く先々でJR九州の鉄道には興味が湧いた。JR九州の特徴は、後述する独特の雰囲気を持った特急にあるのだが、それとは別に古い國鐵時代の雰囲気が、港や炭鉱跡にまだ残っている。松本清張が九州出身で、彼の作品にはさかんに鉄道が出てくるが、その縁もあってか、九州の鉄道をながめると、ついカメラのシャッターを押したくなる。

 巻頭の写真は鳥栖駅でみかけた貨物列車で、先頭の電気機関車にはEF81とマークされていた。この形式は、塗装をしっかり直して整備して、美しい長距離特急をまだ引いているはずだ。寝台特急カシオペアもEF81が引く箇所がある。旅は人の心や目を変えて、この古びたEF81も宝物に思えた。昔風の貨車ではなくてコンテナが後ろに控えていたが、いつのまにか私はしっかりシャッターボタンを押した。

 このあとで、鳥栖駅のミンチかしわ入り蕎麦を昼食にとって、満足した。同行のJo氏も驚いていたが、鳥栖駅ではすべてのホームに立ち食いうどん蕎麦屋があって、客が断らない限り、すべてのうどん・蕎麦にはミンチ鳥を甘辛く煮たそぼろがかかっていた。コップ一杯の水とともに、実に味わい深かった。

 ホームで待つ間、他にハウステンボスと書いた特急にも出くわした。少し汚れてくたびれていた。また往年のリレー特急「つばめ」にも新鳥栖駅近くですれ違った。私とJo氏が鳥栖から実際に乗った普通車は、817系と言って、これもおそらくJR九州の特徴ある車両のはずだ。つり革が円形で、椅子も木製に皮のマットが付いていた。

 吉野ヶ里公園駅は、田園風景のただ中にあった。

JR九州EF81-403
JR九州783ハウステンボス(1)
JR九州783ハウステンボス(2)
JR九州783ハウステンボス(3)
JR九州783ハウステンボス(4)
JR九州787
JR九州817円形つり革
JR九州817座席

2.JR九州・特急の典型:白いソニック:ドーンデザイン
Muimg_6694_2
↑佐賀駅で乗車した、特急かもめ:885系SONIC

 JR九州に乗ってみたいと思ったのは、そもそも以前にソニック特急を見たのが遠因にあった。2001年ころからJR九州では水戸岡さんという人がデザインした一風変わった特急列車が評判になりだした。最初に気になったのは、現代だとソニック883系と呼ばれている車両だった。あるいは、ゆふいんの森・特急にも興味を持った。店で模型をながめたり、図書を買ったりして、その外観や内部の空間処理に目を丸くしていた。

 どう考えても、私の「図書館列車構想」にぴったりの列車たちだった。つまり、みて愉しく乗って愉しい、ついでに読書もはかどるような空間、施設。こういう特急だと、空き地において図書雑誌を並べて、そこに司書が一人いるだけで、近所の子供や大人がどんどん遊びにくるような、未来を幻視できた、~。

 しかし長い間実際に乗る機会はなかった。
 どうしても新幹線でびゅんと往って、ぴゅんと還ってくるのが私の旅行スタイルだったのだ。のんびり列車に乗って景色をながめて読書をするだけの、気持ちのゆとりが無かった。

 今回は、いやがおうにも、JR九州の特急に乗らざるを得ない計画を立てた。博多から太宰府経由の佐賀だと、普通列車で行けるが、最後に佐賀から博多ないし小倉までだと、確実に特急に乗る。そのつもりで事実三日目には「かもめ」に一人で乗った。あっという間に博多に着いた。時速130キロで走る振り子タイプの特急ソニックの実力だった。

 40分間ほどの乗車時間中、15分間は席を立って写真を写していた。「ここに書架、こっちにカウンター、あそこはソファ」と、勝手にソニックの2号車を図書館向きに設計変更しながら、写真をとった。

JR九州885かもめ(1)
JR九州885かもめ(2)2号車配置
JR九州885かもめ(3)
JR九州885かもめ(4)
JR九州885かもめ(5)
JR九州885かもめ(6)自動販売機
JR九州885かもめ(7)トイレ
JR九州885かもめ(8)電話室

 というわけで、今夏の鉄道図書館系はJR九州のごく一部を体験しただけだが、九州は調べてみるとトロッコ列車あり、観光列車有り、そして新幹線もあって、九州全域図書館特急列車が走る日も近いことだろう(笑)。というのも、数年後「九州一周セレブ列車の旅、2年後に運行の構想 JR九州(朝日新聞)」という計画が、2013年頃に動き出すようだ。ただし、九州版オリエント急行は二泊3日で、湯布院あたりの高級旅館込み・20万円くらいかかるので、庶民の夢の図書館列車とは、ちょっと異なる。

参考
 1.JR九州の列車ガイド・特急「かもめ」
 2.KATO 885系「白いソニック」
 3.KATO EF81

関係図書

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年5月15日 (土)

九州・小倉の五月:リレーつばめ

 MuBlogには開設当初から未知、既知の人から写真をいただくことがよくありました。私が宇治や嵐山、そして奈良や滋賀近辺の写真風景しか用意できないので、その息苦しさを破るために重宝してきました。今回紹介する人は既知の葛野図書倶楽部2001・経理局長2010という氏素性のはっきりした方です(笑)。昨年すでに別の写真を送ってもらった時に簡単に掲載しましたが、今年に入って二度の帰省(春休み、五月連休)で、まとまった写真をいただきましたので、独立したタイトルとして記録します。ではまず5月初頭の黄金週間のものを先に掲載します。

JR九州・リレーつばめ
Rtsubame福岡県北九州市小倉北区京町3(JR小倉駅)の地図
 この「リレーつばめ」はJR九州の車両らしいデザインですが、「リレー」と付くのがわかりにくかったので調べてみました。写したところは北九州の小倉駅と、経理局長2010の証言もありました。
 ここで私の誤解が生じました。
 経理局長2010は大分県臼杵(うすき)の方なので、今回の別途宇佐神宮関係写真もふくめて、このリレーつばめ特急は小倉→宇佐→大分→臼杵→???→新八代、と勝手に想像してしまったのです。それは大きな間違いでした。まるで九州の鉄路を理解していません。

 実は在来線特急「リレーつばめ」は、門司港駅~博多~新八代駅を走っているようです。すでに新八代駅~鹿児島を走っている、新幹線「つばめ」に引き継ぐ意味でリレーと改称し、以前はこの在来線特急が「つばめ」だったようです(と、伝聞推量が多いのですが、県外者にはいささか複雑です)。リレーがついたのは2004年で、2011年3月まで「リレーつばめ」が存在する、いわばレア物特急です(笑)。
 当然ですが、写真の小倉駅停車中の特急は、終点の門司港駅ないし、博多方面へ行くはずで、決して南下して宇佐を通る分けではなかったのです。

 ここで愛読している図書をひもときました。
 1992年~2004年まで、門司港駅~博多~現・鹿児島中央駅を走った787系特急「つばめ」は、当時としては意表をつくグレーメタリックの身体とロボット的精悍な顔つきで、ヨーロッパのデザイン賞「ブルネル賞・大賞」を得ました。もちろん内部の仕様も、すぐさま図書館列車と銘打っても良さそうな浮世離れしたというか(笑)、夢のような作品です(JR九州の列車は、「芸術作品」といった方がよさそうです)。デザイナーの水戸岡鋭治さんは『水戸岡鋭治の「正しい」鉄道デザイン』(交通新聞社新書)で、ご本人の3つの代表作品の筆頭に787系特急「つばめ」をあげておられました。

Muimg_3865
↑Nゲージ模型(リレーつばめ:KATO社製)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

001犬王舞う | 002蛇神祭祀 | 2012夏・伊勢路 | 2012夏・横浜鎌倉 | Blogメモ | Blog統計 | DCC | DeepG紀行 | JR九州便 | Jython・Python | KGR | Luna企画 | Mu現代古典 | N2高台の図書館 | N4島図書館トロッコ列車 | NDK:日本文学データベース研究会 | NHK八重桜 | NHK功名が辻 | NHK坂上雲 | NHK天地人 | NHK平清盛 | NHK江 | NHK篤姫 | NHK風林火山 | NHK龍馬伝 | RoboXero | Zゲージ | イメージの素 | カナーン96 | ビデオ | メモメモ | 万葉集 | 三角縁神獣鏡 | 三輪 | 九州2011 | 伯耆出雲石見2011秋 | 出雲研究会2004 | 北国紀行DeepG2005 | 博物館 | 原田勝 | 原田遺贈文献 | 四国路 | 図書館 | 図書館列車編成 | 地図の蠱惑:未踏地 | 地図の風景 | 大津京 | 小説 | 小説木幡記 | 小説葛野記 | 嵯峨野鉄道図書館 | 巻頭記事 | 平城京 | 平安時代 | 建画廊 | 情報図書館学 | 映画の余香 | 映画の素 | 春霞2010 | 桜2006 | 桜2007 | 桜2008 | 桜2009 | 桜2011 | 桜2012 | 桜2013 | 森博嗣 | 浅茅原建作品 | 猫ハルキ | 現代四物語 | 私の京都 | 継体天皇 | 美しいサイト | 美味しいところ | 自作ロボット | 自作鉄道模型 | 自作PC | 茶母 | 落ち穂拾い | 葛野 | 葛野図書倶楽部2001 | 読書の祖先 | 読書の素 | 読書余香 | 賢者板 | 近江 | 遺跡 | 邪馬台国 | 邪馬台国周遊図書館 | 長岡京 | 隠岐 | 風雪梅安一家 | 飛鳥 | MuBlog目次 | NHK義経 | SDI | TVの余香 | UML