« 小説木幡記:初代横浜駅は桜木町駅か | トップページ | 小説木幡記:日本のJR特急列車:北陸線のはくたか »

2013年4月16日 (火)

小説木幡記:竹林の若竹煮

Amudsc00218
  嵯峨野・祇王寺の竹林

 余の好物に若竹煮がある。筍に栄養があるとも思えぬが、あの歯ごたえは「たまりませぬ」。一方、海の幸、わかめはみるからに身体によさそうだ。お互いに、春先が旬と聞く。
 映画『海底二万マイル』では、海の幸ばかりを使ったディナーがあった。もちろんわかめも使ったのだろう。あの物語で、食生活は海だけでもやっていけると思った。
 別の作家で『海底牧場』というSFもあったように覚えている。
 しかし。
 筍はどうしても陸上の方が似合っている。海の底に竹林があるのを想像すると、竜宮城くらいしか思い浮かべることができない。
 ともかく、若竹煮は好みだ。
 今の年令となっては、昔に好んだステーキや、トロやクジラの尾の身やカニ道楽よりも、若竹煮を選ぶだろう。そういう味わいを日本が料理として作り出した、……。それもこれも、筍やわかめが日本に育っていたからだ。

 そこで。
 写真の竹林を「祇王寺の」と限定したが、よく見ると竹林は「垣」の外にある。竹自体は余の好む祇王寺の庭に大きく傾いてはおるが、なんとなこの垣は祇王寺庭の北限に思えてきた。となると、祇王寺の竹林ではないかもしれない、~。さて、真相は如何に。謎は深まるばかり也。

|

« 小説木幡記:初代横浜駅は桜木町駅か | トップページ | 小説木幡記:日本のJR特急列車:北陸線のはくたか »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/56754538

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:竹林の若竹煮:

« 小説木幡記:初代横浜駅は桜木町駅か | トップページ | 小説木幡記:日本のJR特急列車:北陸線のはくたか »