« 小説木幡記:鎌倉のバレンシアと小林秀雄 | トップページ | NHK八重の桜(06)会津の決意:京都守護職拝命 »

2013年2月 9日 (土)

小説木幡記:鎌倉の歴史

Amudsc00383
鎌倉の空(鶴岡八幡宮)

 著名な社寺、あるいはその遺跡を長年ぶらりぶらりと歩いてきた。大抵は現代でも納得できる景観の中にあった。つまり創建当時、社寺の土地決めはいろいろ勘案した後で、決定したのだろう。

 鎌倉の鶴岡八幡宮といえば、源頼朝を思い出す。この戴きに立って南を眺めると、石段があって道がずっと海まで続いている。12世紀末に頼朝はこの風景を眺めていたに違いない。それから800年以上も経った。

参考
  鶴岡八幡宮:御由緒

|

« 小説木幡記:鎌倉のバレンシアと小林秀雄 | トップページ | NHK八重の桜(06)会津の決意:京都守護職拝命 »

2012夏・横浜鎌倉」カテゴリの記事

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/56536359

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:鎌倉の歴史:

« 小説木幡記:鎌倉のバレンシアと小林秀雄 | トップページ | NHK八重の桜(06)会津の決意:京都守護職拝命 »