« 小説木幡記:まとめの大晦日 | トップページ | 小説木幡記:大納言公任の名古曾瀧 »

2013年1月 1日 (火)

小説木幡記:ひっそりと物語に沈む

Amudsc00909
 ↑ミホミュージアム(平成24年秋)↑

cat大晦日から今日の元日まで、文庫本を3冊読んだ。ちょっとはメモしておこう。

 ・獣の奏者(闘蛇)/上橋菜穂子
 ・獣の奏者(王獣)/上橋菜穂子
 ・遠謀(密命シリーズ14)/佐伯泰英

 獣の奏者は、まだ探求編、完結編、外伝と講談社文庫で3冊もあるようで、楽しみだ。昨年末は上橋さんの「守人」「旅人」シリーズを読んだが、余が惹かれたのはつまるところ「謎謎」しているからである。背景も行動もなかなか解き明かされないが、いつか衝撃の真実に直面する。これらをファンタジーと呼ぶのが一般的なようだが、日本のファンタジ-は、余の経験範囲だけでも、十二国記、空色勾玉、そして守人~と、女性作家の才能が際立っている。どれも重厚長大なのに、一旦手にすると巻措くあたわず世界で、のめり込んでしまう。共通点は謎と迫真の恐怖と、永遠の人物像への憧憬にあるな。

 佐伯さんの密命シリーズはもう14冊も読んでしまった。この方の文庫は他社別シリーズも山積み平積みしてあるから、まだまだたのしめる。で、安心して読める。今のところ主人公クラスの非命がない。濡れ場もない。負けない。炉辺の幸と和がある。酒と一膳飯とシジミ汁の香りがする。と、これだけ日常に溢れているのに、撃剣のするどさ、物語の展開、場面の交差と、まるで飽きることがない。異才極まれり、と何度も感心する。

ariesと、そんな様子で平成25(2013)年も始まった。
 読書も散歩もジオラマ制作も物語耽溺も食事も、なにもかも、じっくり味わって楽しもう。そうそう、今朝は小さなシェリーグラスに月桂冠の大吟醸をちょっとばかり注ぎ、喉に流した。下戸であっても、この鮮烈な味わいはよくわかる。日本酒というのは、芸術だね。

|

« 小説木幡記:まとめの大晦日 | トップページ | 小説木幡記:大納言公任の名古曾瀧 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/56409491

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:ひっそりと物語に沈む:

« 小説木幡記:まとめの大晦日 | トップページ | 小説木幡記:大納言公任の名古曾瀧 »