« 小説木幡記:神社と太鼓橋の序章 | トップページ | 小説木幡記:北斎の47番目の富士山 »

2013年1月13日 (日)

NHK八重の桜(02)やむにやまれぬ心:会津と江戸

承前:NHK八重の桜(01)ならぬことはならぬ:磐梯山がきれいでした
NHK大河ドラマ公式あらすじ

 八重の兄・覚馬が「会津には海が無い」と象山塾で話していた。てっきり現代の福島県全体が会津藩と思っていたから、不勉強を痛感した。

 今夜の動きは、薩摩藩の西郷隆盛が象山先生と面会した。象山は幕府が下田を開港するよりも、横浜の方が安全で効果があると西郷に言った。長州藩の吉田松陰が米国密航に失敗し入獄していた。密航をそそのかした罪で佐久間象山は国元である信州・松代に蟄居させられ、象山塾は閉鎖した。勝海舟は幕府が二人を罰したことを怒っていた。

 なんとなく、会津はまだまだおっとりしていた。八重の兄は無事帰国し、砲術師範になるようだ。つまり家を継ぐことになる。八重はその間隙をぬって、父と兄に頭をさげ、鉄砲の技術や知識を磨くことの許しを得た。

 松平容保の義姉(照姫)や義妹(敏姫)が登場した。この二人の女性は義理の姉妹だが、なにやら容保とは深い縁を将来もつような描き方だった。なかなかに~複雑そうだ(笑)。

 いまのところは、じわじわと会津の風景言葉風物を楽しみ、幕末の有名人たちを思い出しているところだ。あと数回後、もうすぐに八重が活躍するのだろう。また来週。

|

« 小説木幡記:神社と太鼓橋の序章 | トップページ | 小説木幡記:北斎の47番目の富士山 »

NHK八重桜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK八重の桜(02)やむにやまれぬ心:会津と江戸:

» 八重の桜 第2回「やむにやまれぬ心」 [あしたまにあーな]
前回から引き続き子役の八重役で登場している鈴木梨央さんがいい味を出しています。鉄砲を学びたいという強い思いに対して、父である権八も見事な説得を行います。 それは、鉄砲を夢見るのは構わないがそれ自身が殺生の道具であり、生半可な気持ちで考えてはならないということ。すごく良いことをいいます。実際に狩りに参加させその無残な殺生は、時に人に向けられてしまうということも。 それでも、最後の最後は八重の兄である覚馬の助言もあり、鉄砲を学ぶことを許されることになります。いつの時代も異端児には冷たいのは世の常。この時... [続きを読む]

受信: 2013年1月14日 (月) 22時04分

» NHK八重の桜(03)蹴散らして前へ:禁足 [MuBlog]
承前:NHK八重の桜(02)やむにやまれぬ心:会津と江戸 NHK大河ドラマ公式あらすじ  八重の兄・覚馬は藩の軍政改革に奔走するが、すべて「御重役」たちによって拒否された。  守旧派「槍・刀・弓」と改革派「鉄砲と西洋科学」の対立による失政を、このころの会津藩上層部はまだ真剣に考えていなかったのだろう。容保がどうだったかよりも、一般に日本のマツリゴトは合議制だから、重役連の反対があれば、責任者も随う... [続きを読む]

受信: 2013年1月21日 (月) 01時59分

« 小説木幡記:神社と太鼓橋の序章 | トップページ | 小説木幡記:北斎の47番目の富士山 »