« 小説木幡記:システム手帳というかリフィル(用紙)というか | トップページ | 小説木幡記:まとめの大晦日 »

2012年12月30日 (日)

小説木幡記:年末年始の楽しみ、心つもり

Amuseimeiidsc00997
清明井:清明神社

1.現代読書三昧
 ミステリやファンタジーなど、いつものことなので新味もないが、読書は一種の特技だから、その特技を大切にするつもりだ。スポーツするより(最近はラジオ体操をやりだした!)、遊びに行くよりも、文庫本を次々と読んでいるのが楽しみだし、大抵は場所や時間を選ばないのも都合がよい。

2.神社詣
 正月明けから中旬まで所用あって出かけるので、大神神社・三輪山詣や三輪素麺は一月の半ば過ぎになる。その間、ネットも使いにくいのであっさりMuBlogも休載予定。事前に書いておいて日時になったら自動開示にしてもよいが、気ままな小説木幡記にそういう絡繰は似合わぬでな。

3.ジオラマ三昧
 今年後期に学生達が造ったジオラマは、どれもこれも驚天動地のアイデア満載で、余もいたく触発された。しかしまだ9ミリ幅のレールが大きく見える。
 そこで、最近は日本のZゲージも随分進み、走行性能も他のNゲージなどに比べても見劣りしなくなった。なんと言っても、半径7センチの小さな円周を極小「1/220」縮尺のDD51が脱線もせずに高速走行するのをみると、隔世の感がある。レール幅が9ミリ(Nゲージ)→6.5ミリ(Zゲージ)に変わるだけで、世界が違って見えた。

4.古典三昧
 明治、大正、昭和の小説を読むのが古典三昧とはちと変な気もするが、たしかに余にとっても、もう島崎藤村や志賀直哉や川端康成は「古典」になってしまったのだ。もちろん大古典(記紀、芭蕉など)もよろしいが、明大昭の時代は独特の趣があって、読書しておくのも悪くは無いのう。

*.もりだくさん
 ということで、年末年始、一月中はなにもかもが盛りだくさんだが、たいていのことは例年通りなので、じっくり味わって過ごすつもりだ。映画三昧を書き忘れたが、これはまた後日に(笑)。

|

« 小説木幡記:システム手帳というかリフィル(用紙)というか | トップページ | 小説木幡記:まとめの大晦日 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/56409471

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:年末年始の楽しみ、心つもり:

« 小説木幡記:システム手帳というかリフィル(用紙)というか | トップページ | 小説木幡記:まとめの大晦日 »