« 小説木幡記:稀すぎる風邪モード | トップページ | 小説木幡記:御在所岳はどこの県なのか »

2012年11月 3日 (土)

小説木幡記:頭の中の大覚寺・嵯峨御所

Muimg_8403
嵯峨御所・大覚寺の遅い桜↑ (2012年の4月末か)

 ときどき古い写真を眺めてみる。追想にひたるわけではなくて、MuBlogらしく写っているものをさがしているわけだ。今朝は気に入ったのが見つかった。
 京でときどきみられる真っ青なそれではない、花曇りというのかな、なにかぼよんとした曇り空だ。桜が葉をみせてそれでも花をのこしていた。影になった勅使門。
 まさしく嵯峨御所そのものだ。
 ~
 これが、「大覚寺」と意識したとき、余の脳内に浮かぶイメージなのだ。だからこの写真は現実の桜や唐門ではなくて、陰陽師の眼裏に浮かんだ嵯峨御所である。おそらく式を打つとか、術をほどこすとか、呪をかけるとは、こうした脳内に浮かんだ像を相手のことだろう。と、朝から日本の歴史を頭に浮かべていた。それくらいは陰陽師でなくても、鬼道を良くしなくても、現代人なら写真をながめるだけで、近寄れる。

|

« 小説木幡記:稀すぎる風邪モード | トップページ | 小説木幡記:御在所岳はどこの県なのか »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/56030195

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:頭の中の大覚寺・嵯峨御所:

« 小説木幡記:稀すぎる風邪モード | トップページ | 小説木幡記:御在所岳はどこの県なのか »