« 小説木幡記:鴨川のホテル工事現場(旧・ホテルフジタ京都) | トップページ | 小説木幡記:生命兆候・生きてるか・バイタルサイン »

2012年10月24日 (水)

小説木幡記:されどiPhone5の日々~

 数日前にau経由でiPhone5を手にした。予約してから丁度一ヶ月かかった。それだけ待たせるとはたいしたマシンだ! 噂では中国の工場で事故があって、生産ラインが止まったようだ。とにもかくにも、32GB黒仕様が手元にあって、さっき透明ケースを買ってはめた。ただしかし、付録の画面保護シールは前回のアンドロイドと同じく見事な気泡失敗だったので、再度、気泡のでないと噂のある保護シートを買うつもりだ。

 本来は両者を必要とも思っていなかったが、葛野学生Aの話では、弟も付けたそうで、それがないと落としたときにひび割れたりするらしく、高価なマシンが一夜にして廃材になると、ホラー動画を見ながら怖い話を聞かせてくれたので、買った次第。

 そしてまたゼミ學生Bの薦めでは透明ケースにして背面に綺麗な図柄を挟み込むと個性的になると言っておったので、それに随った。だが余が幼少の頃に初めて手にしたSONYのウォークマンはメカが丸見えのスケルトンタイプというのか、透明ケースものだったし、2007年自製の葛野マシンはわざわざアクリルケースで丸見えにしている。さらに数年前のubuntuマシンはケースもない透明空気カバーだから、透明度も極まった!

 要するに透明ケースをiPhone5に付けたのは必然的なことでもあった。
 そこで裏からマシンを見ると、林檎マークや文字ロゴが黒の中で映えて見えるのう。
 もう、これだけで満足であるぞ!

 さらにここ数週間は傷つけるのが怖いから、ふきんに綺麗にたたみ込んでポケットに入れるつもりだ。今朝から一日そうしておったが、なかなか江戸時代の同心や岡っ引きが、証拠物件を日本てぬぐいにつつんで懐にしまうような、古風な雰囲気が好ましかったぞ。

 ところで。
 余はたしかに流行に乗ることもあるが、結構iPhoneにするまでには時間がかかっておった。数年前に初代iPadを先に手にしたくらいで、スマホはアンドロイドを一年半使って、その間、iPhoneは橫目でみていただけだ。何故かいまでもよく分からぬが、ずっと未完成なマシンに思えていたからだ。どこがと言われても、よう言えぬが、「金だして買うもんじゃない、流行にすぎない。もったない」という気持ちが先行して、iPhoneは手にしなかった。

 となると今なぜ、iPhone5なのか。

1.ジョブスが亡くなったせいもある。
 もう、彼の突飛で意固地で偏屈なマシンは出ない! と思った。なら、最後の作品くらいは記念に手にしようと思ったわけだ。すでにiPadで下地は出来ていたので戸惑いも少ないと思った。
 apple社の事情は知らぬが、たしかに、充電するところのコネクタの形状が変わっていた。過去をあっさり棄てるのがジョブスの流儀だったが、変換アダプターもあるらしいので、それでよかろう。そして、今度のは表裏どっちに向けてもキチンと刺さるのが革命だな(笑)。
 余はこれまで滅多に、一度でUSBを差し込めたことがない。今度のiPhone5コネクタは最高だよ。

2.テザリング:インターネット無線LAN中継基地
 これはすでにアンドロイド・スマホでは今春くらいから動き出したが、iPhone5のauが打ち出したときは、喉のつかえがおりた。しかし初期予約をしなかったのは、auがその機能を本当に装備というか運用するのか疑っていたせいもある。それが確実なことだと知ったときに第二期に相当する時期に予約したわけだ。

 昨夜試したが、よしよしgood!
 LTEという無線通信の規格内容は、現状では75Mbpsというからものすごく高速になる。またiPhone5のWiFiも150Mbpsだから、余のデスクトップマシンよりも速くなる(笑)。

 この高速を見込んで、一応、以前のスマホ(電話はかからないが、WiFiでネットサーフィン自由自在)と、MacBookAirとを同時にiPhone5の子機のようにセットした。
 なんのことはない、iPhone5の設定>インターネット共有> これをオンにして、自動的に現れる、ないし自分で適当に作ったパスワードをおぼえておいて、たとえばスマホのwifiをオンにして、「iPhone」という名称のネットワークを選び、上述のパスワードを入れるだけのことだ。

 同時期最大接続機数は、さがしてみたがよくわからない。多分8種類程度だと想像するが、ともかく2機種が同時にネット接続できてにんまり笑った。あとゲーム機をつけても動くだろう。もちろん電池消耗やデータ量が増えるからあんまり極端な使い方をすると非実用的なことになる。(たしか契約では月間7GBの転送量を超えると暫く128KBpsのスピードになるとか)

3.iPadで購入したり、あつめたアプリケーションや図書が使える
 iPadで買った小説やゲームや、事典や、こまごましいアプリケーションなどが、だいたいそのまま使えるようだ。と、すこし考え込まねばならぬものもあるにはあるし、すべて検査したわけでもないが、だいたいそのまま再度インストールボタンをおすとセットされる。これは気分的に実に気楽である。

4.画面の高精細度
 わずかに4インチの画面で、1136x640の高精細度を見せてくれる。ようするにノートPC並の画面を手のひらに圧縮したようなものだ。最初は目が心配だったが、メガネをかけるとなんの苦労もなく読み込めた。

5.SiRiに首ったけ
 AI:人工知能の現実的成果というか、自然言語処理の音声対話処理の実用化といえるな。痛切に時代の変化を味わった。

 「京都駅に行きたい」
 と語りかけただけで、シリーが「京都ステーションですね」と答えて、瞬く間に地図ソフトを引っ張り出して、京都駅までのルートを示したのには、心から驚愕した。
 「学生Cにメルしたい」
 と言ったときは、Cのメアドを出して、メールソフトを自動起動したが、件名を言えというので「唐揚げパーティーじゃ」と言ったら、唐揚げとはなんのことかわかりません、と言いおったので、ふざけたチキンなシリーじゃ、と怒って消した。
 そのあとで、近所の学生達に鬱憤をもらしたら、「先生、それは、チキンと言えば通じたかも」とのことだった。
 いやあ、実に楽しい機能だ。

☆.盛りだくさん
 その他、iPhone5を選んだ理由や気に入ったことはいろいろあるが、余はapple社の御用広報ではないので、このくらいにしておく。
 確実に余は、時代の末端、最後尾に手をかけることができた。
 満足である。

 メモ:iPhone5はスマートで実に軽い、120g程度らしい。ふきんに包んでポケットや懐にそっといれておける。

|

« 小説木幡記:鴨川のホテル工事現場(旧・ホテルフジタ京都) | トップページ | 小説木幡記:生命兆候・生きてるか・バイタルサイン »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

 とうとうiPhoneご購入ですか。
 5が初めてのiPhoneというご見識、小生と同じで光栄の至りです。

投稿: Wind Calm | 2012年10月24日 (水) 21時50分

WCalmさん
こんにちは。ときどき貴弟のiPhone5記事をながめては、妄想しておりましたが、やっと入手できました。
http://trinity.air-nifty.com/divine/2012/10/iphone-5-2770.html
しかしあんたさんが豚真珠なら、muはさしずめ猫MaCですなぁ。

 余談ながら、これでようやく物欲帝国Mac支社長morio君の足下に参上できそうで、うれしいです。
 しかし貴弟とは、非物欲の細麺ではよく話があいますね。いや、太麺よりも細麺の方が安価とおもっての比喩ですが。
 これから、なにかとiPhoneの使い方で工夫がありましたら、ご教示ください。いまのところ、留守電機能をつけなかったので、アプリでなんとかならないかとか、着信点滅の繰り返し継続ができないかとか、悩み多いです。いずれもアンドロイドでは普通でしたが(笑)

投稿: Mu→WindCalm | 2012年10月25日 (木) 07時58分

電話番号をだれも知らず、仮に知っている人がいても電話などかかってこない私に、隙はありません(笑)

投稿: Wind Calm | 2012年10月25日 (木) 23時22分

WCalmさん
 どうも。
 返信おくれました。「隙がない」の言語解析にそうとうな時間をとりまして、~
 ええ。
 着信は電話じゃなくてメルです。また年に数回しか電話ないからこそ電話機自体に留守録つけられないかなと、まよったわけです。数回の電話も萎縮して出られないことがあるわけ(びょーき)
 さて。
 メル着信の持続的継続的ちかちかはないかな。いまのLEDは点滅じゃなくて、ぱっとついて消えるから~

投稿: Mu→WindCalm | 2012年10月27日 (土) 07時36分

今頃、参上(笑)
次はiPad miniはいかがでしょうか。それにしてもMuさんもWind CalmさんもItoさんも、皆auなんですね。
お楽しみください。

投稿: morio0101 | 2012年11月12日 (月) 11時23分

モリオ0101
さんへ
 iPhone5は、いろいろお伺いしたいことが山積しとります。
 auにしたのは、もともと携帯もアンドロイドもauだったのと、それとテザリング先行でauにしたわけです。

1.電池の充電は日常どうしておられるのかな。
 自宅、自動車、勤務先とそれぞれ充電装置をセットしてる?
2.予備充電器がいろいろあるけど、よさそうなんはどれかな?
3.メルが届いても、ロックになっていると、速攻ではわかるけど、後でわからない。iPhoneでは一々確認するのがマナーかな(笑)
 携帯やアンドロイドだと、届いていますシグナルがちっこく点滅していて便利でした。
4.電池の消耗が激しいが、どうすりゃよいかな。

 iPadMiniは来年くらいに衝動的に買うかも。
 実はね、最近数百冊も小説をよんでいるけど、全部文庫なんだ。Muは古典的な旧い人間だと自覚してきた。電子図書館の看板を下ろすよ。
 紙文庫万歳、まんせーぇ。ラダイト運動、機械退散、怨敵消滅、PC壊せ運動!

投稿: Mu→morioさん | 2012年11月12日 (月) 18時32分

お答え。

1 職場ではほとんど使うことがないので、あまり繋ぐことはありません。もっともコードは常備していますから、必要であればいつでも充電できます。自動車にもコードを積んでいます。いいカーナビになるアプリがありますから。
2 定番はエネループのやつではないでしょうか。ただiPhone5からコネクタの形状が変わってしまったため、まだ対応する製品は出ていないかもしれません。
3 アメリカ人はメールが来てもあまり気にしないそうです。よけいなランプをつけないのはジョブズ流でしょう。
4 iPhoneに限らず、スマホは使えば激しく電池が消耗します。節約する方法はありますが、100%の能力を発揮させることができず、なんのためにiPhoneを持っているのか、ということになりかねません。

予備電源として充電池を持つのがいいように思います。電子本はまだまだなじめませんね。内容が頭に入ってこなくて……。

投稿: morio0101 | 2012年11月13日 (火) 20時29分

MORIOさん
ご親切丁寧な回答いただき、いろいろな決心安心を得ました。

@エネループの充電電池はロボット用にいろいろあるので試してみますが、USB接続ができるものを考えます。つまり、今日は新接続&USBのコードだけ買いました。どうなることやら。
@メール点滅問題ですが、これはおっしゃる通りだと思います。私がメルには即応するという悪習に染まっていたのです。(電話使用がゼロの補完作用かな)
 悪習をやめて、おっとりと、メルにも一日一回対応するように気持ちを変えます。


今日、miniPadを見ましたが、うむ、大きすぎますね。3万円程度だから、MORIOさんらに鴨ナンバ蕎麦や珈琲をご馳走するのを止めれば買えそうですが(笑)。手にうまく入らない!
 もう一年まって、miniminiPadが出るのを待ちます。今のままだと、iPadでもよいような(と、日頃に無い否定言辞ですみません)
では

投稿: Mu→morioさん | 2012年11月14日 (水) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/55962794

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:されどiPhone5の日々~:

« 小説木幡記:鴨川のホテル工事現場(旧・ホテルフジタ京都) | トップページ | 小説木幡記:生命兆候・生きてるか・バイタルサイン »