« NHK平清盛(36)巨人の影:重盛と後白河法皇 | トップページ | 瀧原宮(2)浄めと参道 »

2012年9月18日 (火)

小説木幡記:尖閣諸島、竹島:中国の暴動、韓国の激高

 韓国大統領の理解しがたい行為(竹島への上陸、天皇への謝罪要求、韓国内愛国宣伝など)が少し落ち着いた(まるで解決していないが)かと思ったら、今度は尖閣の日本國有化で、中国が蜂の巣をつついたようなことになった。後者については今夜のNHKクローズアップ現代でいろいろ事情が説明されていた。

 で、領土問題のうち尖閣と竹島については、日本共産党の出している解説Q&Aが比較的わかりやすかった。特に中国に対しては手厳しい(中国共産党への歴史的感情論もあるだろう)が、韓国に対してはやや温厚な扱いだった。と、このままの内容では無理もあるが、日本國の宣言として世界や国連や、あるいはもっとも大切な国内へアピールする内容として、一部削除して土台にしてもよいと思った(cancer)。

 ただ。
 みなみな口をひらけば悪逆非道な戦前の日本が懺悔しないと話が始まらないとおっしゃるが、余は一切懺悔なんかしない。小林秀雄流に言うとだな、賢い人達はたんと懺悔しなはれ、となる。余の生まれる前のこと、成人にも達していないことのあれこれに、未来永劫土下座して、税金から大量の慰謝料じみたものを払う考えは、いいかげんに棄てよ、と言いたい。
 まあ、しかしそう言い切ると、まっこうから喧嘩になるから、目で言っても言葉にはしないつもりだ。blogは内奥の声のつぶやきじゃからな(そういうお約束)。

 昔から、中国にも朝鮮にも極めて優れた人々がおったのだから、そして日本もそういう人の考えや行動に随分世話になったのだから(鑑真とか高麗の僧とか、高野新笠さんとか、……楊貴妃とか?)、一旦門を閉じて、無視して日本も言いたいことだけを世界にいわないとな。まともな付き合いができるようになったら、門戸を開けてつきあえばよかろう。経済的なことで悩む人も多かろうが、それは向こうの方が深刻だと思う。そして外地での商売とはそういうリスク抜きではあり得ない。儲かったら余の数千倍の所得を得るだろうし、マズったらすってんてん。そういうものだ。

 さて、
 中国は愛国無罪らしいが、暴動略奪放火して無罪とは、さらにそうさせるのは「それは日本が悪いから」とぉ。まるで未だ、放置じゃなかった法治国としてなりたっておらんな。北方流にいえば北宋末期の混乱ぶりじゃ。中国の報道官とかプレスとかは、正気なのかな。日本で中国や韓国の大使館を攻撃したり、中華飯店や韓国料理店を略奪放火したら、そんな民度の低い日本人が沢山でてきたら、~そんなことになったなら、余はちょっと、恥ずかしくって日本人として外を歩けなくなる。

 で、いまからでもおそくはない「それは中国の責任じゃ」「それは韓国が悪いから、パンソリだよ」と、言ってみたくなる。いや、いうよ。

 ともかく。
 中国も朝鮮も、日本についての正しい教育を自国民にした方がよい。
 憎悪をあおるような教育がやがて、自国を崩壊に導く。
 人や社会をけなして自律なんか出来るわけがない。
 そうそう、自壊するのを待つのが、孫子の兵法じゃったな。
 おお、次は春秋の筆法を復習しなくっちゃ。

|

« NHK平清盛(36)巨人の影:重盛と後白河法皇 | トップページ | 瀧原宮(2)浄めと参道 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/55690140

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:尖閣諸島、竹島:中国の暴動、韓国の激高:

« NHK平清盛(36)巨人の影:重盛と後白河法皇 | トップページ | 瀧原宮(2)浄めと参道 »