« 小説木幡記:最近のドライブ事情 | トップページ | 小説木幡記:尖閣諸島、竹島:中国の暴動、韓国の激高 »

2012年9月16日 (日)

NHK平清盛(36)巨人の影:重盛と後白河法皇

承前:NHK平清盛(35)わが都、福原:波乱の頼盛
NHK大河ドラマ公式あらすじ

 清盛だけのドラマなら痛快なところがたくさんありますが、すでに初夏には清盛が位人臣を極めていたので、どうしても比重が後継者にかかってきます。
 重盛です。
 ところが重盛は、親父・清盛の巨大さと、さらに後白河法皇の異様な煥発さに挟まって、その苦悩はどんどん深まっていきます。

 後白河法皇の近臣中の近臣・藤原成親(なりちか:吉沢悠)の妹の経子(つねこ:高橋愛)が重盛の奥さんですから、法皇や成親の行動によっては、重盛は父親清盛や平家一門との間に、なにかと難しい問題が生じるわけです。そしてドラマでは、成親のセリフにあったように重盛は「小物」として描かれております。清盛にすれば純粋なところがあって、武家の統領としては難しいという評価がありますが、貴族たちからは、まだまだ小物扱いで、平家の後継者としては十分なにらみをきかせていないわけです。

 後日後世の逸話として、重盛の悩みは孝行と忠義に分裂した苦しみとして残っていますが、巨大な父親の言うとおりすれば孝行は果たせるが、それは後白河法皇への忠義と、分裂するという考え方ですね。
 このあたりになると現代人では理解しがたくなる面も多いです。
 南都仏教から逃れて平城京をさり、長岡京に移り、さらに平安京に都をさだめて、今度は比叡山延暦寺と園城寺によって、朝廷はいろいろ制約をうけることになりました。それと藤原家自体の内紛、~そういうなかで武力を持つ平氏がどんな風に生きていくかの一例が、今夜の重盛の苦渋だったわけです。

 ただ。
 武力を持った者はそれを何に使うのかを把握すれば、泰然としているのが良さそうです。
 抑止力に尽きます。
 重盛を小物に描く方法として、六波羅に兵があつまった理由を後白河法皇や摂関家からさまざまにいわれますが、重盛は清盛が言ったように「いえいえ、訓練です」としらーと、言えばよかったのに、と思いました(笑)。

|

« 小説木幡記:最近のドライブ事情 | トップページ | 小説木幡記:尖閣諸島、竹島:中国の暴動、韓国の激高 »

NHK平清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK平清盛(36)巨人の影:重盛と後白河法皇:

» 平清盛 第36回「巨人の影」 [あしたまにあーな]
物語は変わらず大きく3部構成であり、今回は王家の状況が少なく抑えられ、その分平氏に時間が割かれる状況となりました。おそらくこの構成は最後まで続いていくことになるような気がします。 まず登場したのは京の鞍馬寺にいる源義朝の子である遮那王。常盤御前との約束だからとこの場所にやって来て、そのまま僧になるつもりだったとのこと。お寺の住職は義朝のことを話したがっていたのですが、常磐御前からみると全くの迷惑で、ここに連れてきた意味を全くわかっていないとこいうことになっています。将来平氏を恨んで自分の命を失うこと... [続きを読む]

受信: 2012年9月17日 (月) 01時06分

» NHK平清盛(37)殿下乗合事件:棟梁と日宋貿易 [MuBlog]
承前:NHK平清盛(36)巨人の影:重盛と後白河法皇 NHK大河ドラマ公式あらすじ 1.後白河法皇が宋人と会ったこと  ドラマでは、好奇心旺盛な法皇が清盛の招きに応じて福原にでむき、宋人に面会したことを、都の公卿達が嘆いている様子を描いていました。それはそれで面白いのですが、おもいだすだけで、大化の改新の名場面(笑)だと、645年乙巳の変では、三韓(新羅、百済、高句麗)の関係者が飛鳥板葺宮に来朝し... [続きを読む]

受信: 2012年9月23日 (日) 19時58分

« 小説木幡記:最近のドライブ事情 | トップページ | 小説木幡記:尖閣諸島、竹島:中国の暴動、韓国の激高 »