« 小説木幡記:はるかなる近江肉 | トップページ | NHK平清盛(31)伊豆の流人:源頼朝 »

2012年8月 2日 (木)

小説木幡記:平野屋の夏鮎

Mudsc00156
↑奥嵯峨・平野屋

 幼稚園ころには父の言葉の中に「平野屋の鮎」という話が何度か出たのを覚えている。父はさすらいの土建屋だったので、各地を巡っていた。末子だったので余が幼稚園に入るまでは、両親に連れられて先駆けをしていた。あとでじっくり家族が来るという段取りだったのだ。もともと國鐵にいた父は会社を興した。本拠地は福井だったが、戦後の景気のなかで浮沈が激しく、ついには逃げるように福井市を後にしたと聞く。で、嵯峨嵐山にたどり着き、天龍寺の塔頭に居をさだめ、余と母とがそばにいた。そんな時代の奥嵯峨・平野屋だった。

 というわけで。
 この七月下旬に平野屋で鮎をいただいたので、例によっていろいろ写真を残してみた。しばらく鮎料理など、堪能していただきたい。
 今日はこれまでcat


大きな地図で見る

|

« 小説木幡記:はるかなる近江肉 | トップページ | NHK平清盛(31)伊豆の流人:源頼朝 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/55325434

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:平野屋の夏鮎:

« 小説木幡記:はるかなる近江肉 | トップページ | NHK平清盛(31)伊豆の流人:源頼朝 »