« 小説木幡記:夏だね | トップページ | 小説木幡記:平野屋の夏鮎 »

2012年8月 1日 (水)

小説木幡記:はるかなる近江肉

Muimg_7758
↑たねやのお昼御膳

 滋賀といえば近江肉。地元からの学生諸君にときどき聞いて見ると、そうそう食べる物でもなさそうだ。いくら地元でも、和牛は高価なものだ。このお昼にいただいた御膳には、お肉が少し付いてきた。上品で味わい深いものだ。これをポンド単位(だいたい450グラム)、キロ単位でいただくのはやり過ぎと思ってきたが、肉食系の各国ではありふれた情景らしい。余などせいぜい150グラムの肉で堪能しておるが、な。
 料理はともかく美味しいが、膳や器の形状に見とれていた。写真でも少しわかるが、気になる方は近江の日牟禮(ひむれ)八幡宮前まで行かれたし。またお昼をいただきたくなる雰囲気とお味なのだ。

|

« 小説木幡記:夏だね | トップページ | 小説木幡記:平野屋の夏鮎 »

小説木幡記」カテゴリの記事

近江」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/55198302

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:はるかなる近江肉:

« 小説木幡記:夏だね | トップページ | 小説木幡記:平野屋の夏鮎 »