« 小説木幡記:鮎茶屋といっても冬はぼたん鍋 | トップページ | 小説木幡記:お城が借景 »

2012年8月22日 (水)

小説木幡記:広くてあかるくて、気持ちよい後楽園

Muimg_7338
↑後楽園の茶店

 岡山の後楽園は三名園の一つらしい。偕楽園は徳川御三家の水戸、金沢の兼六園は加賀の前田さん、そして岡山の後楽園は、池田さん。いずれも江戸時代の藩主がお金と知恵と感性と、そして継続力を注ぎ込んで今に至ったわけだ。
 偕楽園はまだ行ったことがない。

 余は弱年より庭園が好きだった。最初の印象では、嵯峨野や嵐山の寺社境内が、そのころは入園料も不要で、遊び場みたいなものだったから、遊び場とは庭だった。要するに何も知らずに遊んでいた場所が、成人してからいろいろ調べてみると大した歴史的名所旧跡だった。
 そういう感覚は、今に至って名園をみても、ただ走り回ったり、隠れん坊したり、池でラジコン潜水艦を動かしたいとか、丘陵にラジコン戦車を上らせたい、〜と、まるで美学から外れた気持ちで眺めている。
 
 美学とまでは行かなくても、ああ気持ちいい庭だとか、退屈だとか、気色悪いとか、気持ちの動きは明瞭にある。
 そこで、後楽園。
 毎日でも出かけたくなる。広々していて、水田があったり梅園があったり、鯉がいたり、枯れた山水があって、豊かな日本の田舎があって〜、歴代作った人たちは、施工主も庭師たちも、なかなか明るくおもしろい人がおおかったのだろう、と感心おおいにした。

 これ、絶対に、よい庭だよ。

追伸
 写真の後楽園は2012年の2月だと思う。この記事は今朝、新横浜で書いておる。

|

« 小説木幡記:鮎茶屋といっても冬はぼたん鍋 | トップページ | 小説木幡記:お城が借景 »

四国路」カテゴリの記事

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/55456554

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:広くてあかるくて、気持ちよい後楽園:

« 小説木幡記:鮎茶屋といっても冬はぼたん鍋 | トップページ | 小説木幡記:お城が借景 »