« 鉄道模型のPC制御:(12) DCC自動運転・図書館パイクでのポイント制御と往復制御 | トップページ | NHK平清盛(25)見果てぬ夢:なかなかの信西 »

2012年6月17日 (日)

NHK平清盛(24)清盛の大一番:相撲節会(すまい・せちえ)に勝った清盛

承前:NHK平清盛(23)叔父を斬る:死罪のこと

 相撲と言えば、日本書紀に野見宿弥(のみのすくね)と当麻蹶速(たいまのけはや)の話があって、奈良県桜井市の相撲神社が伝承筆頭にある。わかりやすい記事を見つけたので引用しておく

 信西は学問僧、というよりも当時のまともな僧は学者だったから、日本書紀や昔の宮中行事のことをいろいろ知っていたのか、そしてまた人心と財政を潤すために、相撲節会を興行した。歴史の中でも平安末期は乱れていたので、信西のような人がでてきて朝廷・政治改革を図ったのはよくわかる。が、その一つが相撲とは驚いた(笑)。
 そんなこんなで、信西の勢いに巻き込まれたのがいつもの平清盛だった。

 これまでのところ、清盛はなにかしら政治の動きに巻き込まれるタイプで、自分で進んで回転させていく雰囲気は少なかった。信西はそれほど、迫力のあった政治家だったのだろう。だからドラマとして若い頃の信西と清盛とが知り合いだった設定は、実に美味く機能してきている。しかし今夜あたりから、婚礼に腹の据わらぬ息子重盛を指導したり、相撲にかこつけて太宰府の大弐職を手にしたりと、清盛の積極性が増してきた。

 それに対応するように源義朝(玉木宏)の暗く陰惨な怨念がよく現れてきて、後日の平治乱に上手に繋がっていくと感じた。この対照はいささか極端だが、清盛と義朝の立場や環境の違いがセリフの数々、眼の動きに良く出ていて、清盛の陽性と、義朝の陰性があざといほどに浮かび挙がってきた。義朝の暗さは以前からで、今夜に限らないので、そろそろドラマツルギーとして、平治の乱前夜の爆発の絶頂が近づいてきていると感じた。

 ところで相撲節会の手伝いをするために、太宰府にでかけ現地を掌握し、その資源で宮中行事を派手に納め、そのことで清盛は後白河天皇から太宰府大弐職を約束された。これが、信西のいう、清盛の相撲ということらしい。しかし古伝では当麻蹶速は野見宿弥に蹴り殺されたという話だから、清盛の相撲が安全だったわけではない。

 さて。
 こうして毎週見ていて思うのだが、本当に面白い。よくできたドラマだと思っている。だからもう、視聴率なんかは気にしなくて良い。NHKだから、税金のような(笑)お金でできあがっているドラマだかろこそ、つまらぬ方法で視聴率を上げるのは無駄な努力だと思う。
 核心をとらえたこのままの方法で行けば良かろう、と本心から思った。

 余のいまの感想では、平安末期の朝廷から武家世界への移りを、清盛や義朝を題材にして、その流れを上手に描いている。それが良いのだろう。まさか平治乱が保元乱より先にもならないし、遠島流されたのは崇徳上皇であり、けっして後白河法皇でない。そういう正しい流れがあるから、余は満足しておる。

|

« 鉄道模型のPC制御:(12) DCC自動運転・図書館パイクでのポイント制御と往復制御 | トップページ | NHK平清盛(25)見果てぬ夢:なかなかの信西 »

NHK平清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK平清盛(24)清盛の大一番:相撲節会(すまい・せちえ)に勝った清盛:

» 平清盛 第24回「清盛の大一番」 [あしたまにあーな]
今回はすでに過去の人になってしまった井浦新さん演じる崇徳上皇が讃岐に流される場面から始まります。いつもながらに憂いを感じさせる表情を浮かべていて、彼がそれ以外の表情したことがあるのを思い出せないほど、完全に似合っています。そんな崇徳上皇を見送るのが西行でした。歌をおくる西行に、崇徳上皇は涙を流すのですが、様々なところに登場する西行の不自然さが際立っていました。 そんな中、政治の世界の中心では、信西が確実に実権を握りそれをサポートする清盛という構図ができあがっていました。後に義朝が清盛に忠告するのです... [続きを読む]

受信: 2012年6月17日 (日) 22時49分

» NHK平清盛(23)見果てぬ夢:なかなかの信西 [MuBlog]
承前:NHK平清盛(24)清盛の大一番:相撲節会(すまい・せちえ)に勝った清盛 NHK大河ドラマ公式あらすじ  信西は相当に知略教養があった人で、清盛の武力や財力を背後にして、いろいろ政治的に切り開こうとしたようだ。国家予算から教育費用や遣唐使(遣宋使)費用を算木で計算して、國を改革しようとしている姿がよかった。  そして恨まれた。  いわゆる平治の乱に続くわけだが、後白河上皇側近達と、二条天皇側... [続きを読む]

受信: 2012年6月24日 (日) 20時04分

« 鉄道模型のPC制御:(12) DCC自動運転・図書館パイクでのポイント制御と往復制御 | トップページ | NHK平清盛(25)見果てぬ夢:なかなかの信西 »