« NHK平清盛(24)清盛の大一番:相撲節会(すまい・せちえ)に勝った清盛 | トップページ | 小説木幡記:嵐電で嵐山へ行ってみた »

2012年6月24日 (日)

NHK平清盛(25)見果てぬ夢:なかなかの信西

承前:NHK平清盛(24)清盛の大一番:相撲節会(すまい・せちえ)に勝った清盛
NHK大河ドラマ公式あらすじ

 信西は相当に知略教養があった人で、清盛の武力や財力を背後にして、いろいろ政治的に切り開こうとしたようだ。国家予算から教育費用や遣唐使(遣宋使)費用を算木で計算して、國を改革しようとしている姿がよかった。

 そして恨まれた。
 いわゆる平治の乱に続くわけだが、後白河上皇側近達と、二条天皇側近達と、そして源為朝らが計らって、清盛が熊野詣で京都不在のうちに、信西を暗殺(というより、軍したわけだから、クーデターか)するわけだ。

 信西が自害か殺害されたのは、いまでいう京都府宇治田原町で、私自身が信楽に抜ける道をよく使ってきたので身近な感がする。
 信西役の阿部サダヲは、出番の亡くなるのが惜しいと思う上手さ、笑いと鋭利と残忍とが混ざった不思議な役柄をみせてくれたので、深く堪能できた。(ああ、まだ来週もでるようだ。よかったなぁ)


大きな地図で見る
大道神社↑ (信西首塚)

|

« NHK平清盛(24)清盛の大一番:相撲節会(すまい・せちえ)に勝った清盛 | トップページ | 小説木幡記:嵐電で嵐山へ行ってみた »

NHK平清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK平清盛(25)見果てぬ夢:なかなかの信西:

» NHK平清盛(26)平治の乱:清盛はまだか [MuBlog]
承前:NHK平清盛(25)見果てぬ夢:なかなかの信西 NHK大河ドラマ公式あらすじ 感想  よいドラマであるな。感動を新たにした。  復習の意味で、  清盛が若いころからの信西との付き合いを回想した場面があった。政治家、棟梁の立場からすれば、俊才息子・重盛が言うように、信西がいる限り、武士も平氏もトップには立てない。だから、信西を助けなくても良いと。この発言は、京都に残った一門(頼盛ら)も言ってい... [続きを読む]

受信: 2012年7月 1日 (日) 19時59分

« NHK平清盛(24)清盛の大一番:相撲節会(すまい・せちえ)に勝った清盛 | トップページ | 小説木幡記:嵐電で嵐山へ行ってみた »