« NHK平清盛(19)鳥羽院の遺言:誰もが大将の悲劇 | トップページ | 鉄道模型のPC制御:(11) 閉塞区間の構成:BDL168とRX4との配線について »

2012年5月20日 (日)

NHK平清盛(20)前夜の決断:後白河と清盛

承前:NHK平清盛(19)鳥羽院の遺言:誰もが大将の悲劇
NHK大河ドラマ公式あらすじ

復習:保元の乱
 保元乱(1156)と平治乱(1160)とは、MuBlogでも何度か記したが、なかなか複雑な戦だった。Muも半世紀も前に、日本史の大学入試では、このあたりのことをしっかり頭にたたき込んだが、すぐに忘れる。要するに、保元乱では平清盛と源義朝が味方勝ち組になって、平治の乱では平氏が源氏を打ち負かした、ということだ。
 そこで復習を再度重ねて、以前のメモを掲載する。

A:天皇家
  ○後白河天皇(松田翔太)+信西入道(阿部サダヲ)+美福門院藤原得子(なりこ)(松雪泰子)
  ●崇徳上皇(井浦新ARATA)→讃岐で憤死。
   注記:日本三大怨霊のお一人。菅原道真(天満宮)、平将門(神田明神)、崇徳上皇(白峯)のお三人。
B:摂関家
  ○藤原忠通(堀部圭亮)
  ●藤原頼長(山本耕史)
C:平氏
  ○平清盛(松山ケンイチ)
  ●平忠正(豊原功補)
D:源氏
  ○源義朝(玉木宏)
  ●源為義(小日向文世)+源為朝(橋本さとし→鎮西八郎為朝とよばれ有名。)

みどころ・身内の分裂
 源氏は父の為義と息子の義朝とが別れて戦う。この前にも、父・為義は源氏の宝刀「友切」をめぐって親子喧嘩をしていた。平氏は統領の清盛と、叔父の忠正および弟頼盛とが、不穏な雰囲気で、ついには忠正は崇徳上皇がたに付く。
 このあたりの史実と虚構と事実と~いろいろ難しい。源氏は憎悪のかたまった父子喧嘩の結果とし、平氏は反目はもとからあったが、家名を残すための方法論として忠正離脱を解釈していた。
 残された記録も、文字にのこったものと、当人達が移ろいゆく情勢の中で瞬間瞬間に判断していった内情は、やはり闇の中に溶けているだろう。つまり、ようわからぬことが多い。

みどころ・後白河天皇と清盛
 松田と松山の両イケメンの勝負場面はなかなか充実していた。
 つまりは、後の後白河法皇と平清盛との確執で平安時代が終わり、鎌倉幕府に移っていく、その両雄の対決だった。
 で、よい場面であった(笑:書き記すまでもなく、おもしろかった)。

みどころ・西行
 西行がほんの少し出てきたが、もう少し狂言回しのように頻繁にでてもよかろう。

 また来週が楽しみだ。

|

« NHK平清盛(19)鳥羽院の遺言:誰もが大将の悲劇 | トップページ | 鉄道模型のPC制御:(11) 閉塞区間の構成:BDL168とRX4との配線について »

NHK平清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK平清盛(20)前夜の決断:後白河と清盛:

» NHK平清盛(21)保元の乱:一騎打ちと飛び道具 [MuBlog]
承前:NHK平清盛(20)前夜の決断:後白河と清盛 NHK大河ドラマ公式あらすじ  保元の乱や、数年後の平治の乱の意味付けは、理屈解釈として横に置いておいて、今夜のドラマについて印象に残ったことをいくつか。 一騎打ち  まずこのころは、集団戦の中に必ずモノノフたちの名誉と意気地をかけた一騎打ちがあったようだ。悪左府頼長も、信西入道も、お互いに孫子の兵法を説いて、お上の前で軍議をするが、しかし「一騎... [続きを読む]

受信: 2012年5月27日 (日) 19時20分

« NHK平清盛(19)鳥羽院の遺言:誰もが大将の悲劇 | トップページ | 鉄道模型のPC制御:(11) 閉塞区間の構成:BDL168とRX4との配線について »