« ひな祭り誠会20120303:葛野と伏見港「鳥せい」 2012/03/03(土) | トップページ | NHK平清盛(10)義清散る:可哀想ってのは惚れたって事よぉ »

2012年3月10日 (土)

小説木幡記:アップル社のiBooks-Authorなどでうむふむ

 以前、とは言っても2月ころか、アップル社が電子書籍を製作するツールをだした。無料というので飛びついて初版をダウンロードし、すでにパワーポイントで造っていたある種のbookを再構築した。
 なかなかのものだった。
 が、しかしそれから葛野も会議会議で失神するほど繁忙、さらにひな祭りには最高顧問を十年つとめた葛野図書倶楽部2001の集会もあって、寧日暇無し、ということが続いていた。

 昨日から漸く心おちつくひとときを葛野研でもてるようになり、さっそく仕事を再開した。
 なにが、とはいいにくいのだが、パワポやKeyNoteとは異なる。電子書籍を自製するには、将来iBooksAuthor、これしかないなぁという、そんなカン働きが働いた。昨日はさっそく微妙な仕様変更もあり受付、本格的に動かし始めた。

 今日は葛野で3時間実験した。
 そうだな、昔なら研究内容などの詳細は、そうそう人に言わなかったが、もう年も年じゃから言ってしまう(笑)
 ここ数年、有志学生たちと、鐵道図書館列車コンセプトのうち、いろいろな図書館や博物館を小さな基盤に作ってもらってきた。それぞれが報告書をだしてくれているので、それをまとめることにした。コンセプトと技術の両方を含んだ教科書を造り出したわけだ。

 各学生がつくるものは「モジュール」として情景は独立している。寺院図書館、海辺の駅図書館、田舎の図書館、黒い森の図書館、……。これらをリンク・結合させるのがレールである、……。と、説明はいずれ後年にでも。
 要するに、そういうモジュールを製作する報告書を電子書籍として造っているわけだ。

 ~
 まあ、いずれMuBlogでもきっちり記録するつもりだ。

|

« ひな祭り誠会20120303:葛野と伏見港「鳥せい」 2012/03/03(土) | トップページ | NHK平清盛(10)義清散る:可哀想ってのは惚れたって事よぉ »

小説木幡記」カテゴリの記事

情報図書館学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/54186866

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:アップル社のiBooks-Authorなどでうむふむ:

« ひな祭り誠会20120303:葛野と伏見港「鳥せい」 2012/03/03(土) | トップページ | NHK平清盛(10)義清散る:可哀想ってのは惚れたって事よぉ »