« 吸血鬼と精神分析/笠井潔:ミステリもよいものだと痛感 | トップページ | 小説木幡記:不良読書人 »

2012年2月 5日 (日)

NHK平清盛(05)海賊討伐:どちらが海賊なのか(笑)

承前:NHK平清盛(04)殿上の闇討ち:さみなしにあはれ
NHK大河ドラマ公式あらすじ

まず一献
 後の美福門院得子(なりこ:松雪泰子)さんが登場したが、当時は本人の実力よりも親とか兄とか権門精華とかの後ろ盾がないと、男も女も豊かな生活をおくれなかったらしい。白河院に仕えた父の藤原長実(ながざね)は院なきあと、自らも病を得、このままでは娘の得子の将来がおぼつかないと考え、鳥羽上皇の皇后・璋子(たまこ)に「崇徳天皇の后にしてほしい」と行く末を頼み込む。璋子は承知したが、成り行きで、得子に鳥羽上皇の手がついてしまう。

みどころ:西京焼きでもどうどすか
 このごろ不気味な鳥羽上皇を見るのが楽しみだ。伊東四朗さんの白河法皇も、三上博史さんの鳥羽上皇も実に巧みな不気味さをかもし出している。また璋子さんのぶっつん度も激しく、生身の男ならば発狂する。鳥羽上皇の眼には璋子が物の怪に見えた。もしも得子が出現しなければ権力維持も危うかったのではなかろうか。
 清盛の海賊退治その他は、まだ話が煮詰まらず、感想を記しにくい。

◇予習復習
 今週は事情でお休み。また来週。

|

« 吸血鬼と精神分析/笠井潔:ミステリもよいものだと痛感 | トップページ | 小説木幡記:不良読書人 »

NHK平清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK平清盛(05)海賊討伐:どちらが海賊なのか(笑):

» NHK平清盛(06)西海の海賊王:平氏の兎丸(?) [MuBlog]
承前:NHK平清盛(05)海賊討伐:どちらが海賊なのか(笑) NHK大河ドラマ公式あらすじ  瀬戸内海での海賊王兎丸(加藤浩次)と清盛の絡み自体はいささか幼い気もしたが、船戦(ふないくさ)の現実感には圧倒された。平氏が乗る小舟からみると、唐船(宋船)の大きさや高さには十分圧倒された。しかしなおこれだけ狭いと当時の戦いは一種の殴り合いに近い所があるとも思った。普通ではちょっと見られない海戦にしばらく... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 19時41分

« 吸血鬼と精神分析/笠井潔:ミステリもよいものだと痛感 | トップページ | 小説木幡記:不良読書人 »