« 小説木幡記:芭蕉・西行と讃岐の崇徳院・白峯陵 | トップページ | 小説木幡記:言葉の背景「先生とK」 »

2012年1月19日 (木)

小説木幡記:日々朝型人生

↓梅小路蒸気機関車館のジオラマ
Sdsc_0105 毎朝のことだから随分時間をかけたセレモニーだなと、我ながら思う。いや、たいしたことではない。起床から外にでるまでの手順だ。

 目覚める。99%は「うむ、よく寝た。まだ暗いな。おお、4時か、起きるべえ」となる。
 部屋の外には99%、ハルキ猫君が控えておる。冷蔵庫に行って、鰹節をほんのひとつかみ、提供する。
 うがいだけをする(歯を磨くと、味わいが無くなる)
 トイレに行く。
 90%は、トイレのドアにハルキ猫君がぶち当たってくる。要するに、「食べたぞ~、次!」
 そこで8キロ近い猫君を抱きかかえて、外にでる。約50m歩いてそこで解放する。
 まるでわんこみたいなハルキ猫君はそこら中を「くんくん」と嗅ぎ回る。
 やがて家に走って帰る。余は後から付いていく。

 さて、トースト。
 隔日ごとにゆで卵をつくる。
 毎日食べると、さらに太るから。気を付けよう。
    丸い方をカツンとあててヒビ入れる。(抜群に美味くなる)
    沸騰とともに瞬時にガスを切る。
    4分間放置する。
    正確に時間とともに冷水で冷やす。
    完了。岩塩で食べると、半熟で美味しいぞ。
 トーストにはバターを小指の先。蜂蜜を親指の先。
 飲み物は冷茶。

 次に新聞。
 一面と三面記事と文化欄を読む。
 やっと洗顔。歯磨き。
 着替える。
 ハンカチやティッシュ。靴下まではき、完全即時外出可能まで整える。
 PCをオン。
 メルを見て、MuBlogを書くこともある。
 大体午前6時~7時ころに出発。
 葛野に着いたら、まだ早いので、落ち着いて朝寝する(笑)。
 8時半頃に第二の起床をして、講義や演習、あるいは校務に備える。

 うむ。時間を湯水のように贅沢に使っておるな。
 しかしその分、就寝は午後9時ころかな。
 そういう日々である。
 (寝てばかりいるような気にもなる)

|

« 小説木幡記:芭蕉・西行と讃岐の崇徳院・白峯陵 | トップページ | 小説木幡記:言葉の背景「先生とK」 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/53579951

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:日々朝型人生:

« 小説木幡記:芭蕉・西行と讃岐の崇徳院・白峯陵 | トップページ | 小説木幡記:言葉の背景「先生とK」 »