« 小説木幡記:街を歩けば | トップページ | 小説木幡記:幸せ一杯、論文や図書を探す »

2011年11月17日 (木)

小説木幡記:静岡のこと

 11月のはじめに静岡駅の近くのホテルに泊まった。2泊3日の旅程で同じホテルにとまって2日間仕事をしていた。その間に、正確に半日の時間が空いたので、登呂遺跡と浅間神社とを大急ぎで回った。

Mutoroimg_7273

 時間が限られていてしかも、あまり疲れてはいかぬので、移動はタクシにした。
 静岡駅前のホテルから登呂遺跡までは、歩いて十分くらいと思っていたが、実はタクシでも十数分かかって随分海よりだと分かった(1200円也)。海に異変があると大変なことになると、運転手さんも言っていたし余もすぐにそれに気付いた。
 遺跡はよく整備されていて、小学校の頃に社会で学んだイメージのまま、眼前にあった。そして、資料館というか博物館には、図書室も併設されていて、よい味わいだった。余はミュージアムショップで、来年の遺物カレンダーを買った。たしか千円でお釣りがあった。

 登呂の遺跡から次は浅間神社(せんげん)に向かった。遺跡横にタクシーが常駐していて、運良く乗れた。さすがに距離があって、今度は1900円かかった。浅間神社は家光さんが関係して造られたようだ。異様な姿で、城郭のようだった。さっきの登呂は余の強い潜在意識によって導かれたが、この神社は同僚教授の薦めがあって参った。感想としては、「こういうのも神社なのか」だった。

Musengenimg_7301

 さっき気になって川村二郎先生の『日本廻国記 一宮巡歴』で駿府の条に目を通したが、「まさに威風堂々、豪華絢爛たるものだが、その分、重たるい感じもないとはいえない」とあった。
 たしかに、神韻縹渺(しんいんひょうびょう)という雰囲気ではなかった。武家の神社とはあながち駒札を読んでのことではなく、繰り返すが、「城」そのものだった。どっか空の果てから神さんが舞い降りるのじゃなくて、立てこもると言った方があたって居るだろう。

 と、それで終えて帰路はバスが来たので飛び乗った。
 ホテル前まで180円ですんだ。そういうものだろう。
 静岡は、宇治や京都に住んでいては分からぬ味わいがあった。別の「日本国内」なのだ。あまりに、京に狎れすぎた自分を発見し、別世界に目が行ってよい気分になれた。時々は外に出ないといかぬ、と思った。


大きな地図で見る

|

« 小説木幡記:街を歩けば | トップページ | 小説木幡記:幸せ一杯、論文や図書を探す »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/53231396

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:静岡のこと:

« 小説木幡記:街を歩けば | トップページ | 小説木幡記:幸せ一杯、論文や図書を探す »