« NHK江(46)最終回:希望 | トップページ | 小説木幡記:ubuntu専用PC »

2011年11月30日 (水)

小説木幡記:貧しいながら暇がない

Muimg_6267 気がついたらもう水曜の夜で、最後にblogしたのが日曜だったのだ。と気がついたら、今日は11月の最終日で明日からは猫も走り回る師走に入るのだ。ああ、月日の経つのは早いものだなぁ。

 そういえばわずかな旅程だったが、登呂遺跡や浅間神社のことや、安来の足立美術館や、出雲大社や、石見銀山の写真がまだ一杯残っていて、それらを記事にまとめていくと一週間分の旅行MuBlogになるのだが、気持ちばかり焦って少しも書く気力や時間がない。

 毎日が、授業や会議やまとめや、ほんのちょっとの研究思考で、気がついたら夜になっていて、あっという間に眠ってしまい、また朝になり~。あえて忙しいとはいわない。ただ、昔ほどにはてきぱきと物事をかたづけられず、たとえば今日も葛野で44ピンにハンダ付けした22本以上のワイヤーを綺麗に整理整頓するだけで小一時間かかってしまった。書類を探すのにも、一件で30分かけて、それが2件あった。早朝7時すぎに葛野研に入るが、コーヒー呑んで授業準備していたら、あっという間に9時近くになる~

 ということで。
 時は大切に。
 充実したとか飽きたとか言う前に、すぐに夜になる毎日だ。貧乏暇無し。


|

« NHK江(46)最終回:希望 | トップページ | 小説木幡記:ubuntu専用PC »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/53231393

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:貧しいながら暇がない:

« NHK江(46)最終回:希望 | トップページ | 小説木幡記:ubuntu専用PC »