« 九州2011夏:小倉篇:松本清張記念館と文学館 | トップページ | 九州2011夏:佐賀篇:佐賀県立図書館の朝 »

2011年9月16日 (金)

小説木幡記:疲れたので読書していた

09amudsc_0047 余の若いころには今ほど多様な遊び、暇つぶしが少なく、その上いささか性狷介、さらに持って生まれたじゃまくさがりも災いして、友と野球したり出かけたりすることもなく、当時の楽しみといえば、読書かバイクか映画しかなかった。どれも孤高といえば聞こえはよいが、要するに金無し友無し付き合い無しで、一人遊びばかりしておった。

 いやしかし今にいたるも似たようなものだ。
 とこう、最近は仕事が詰まっていたので、今日の予定を終えたら急にぐったりして、早々に帰宅しベッドでさらにぐったりしていた。落ち着いてきたので、まずやったことは、PCでもなくスマホ遊びでもなく、ジオラマ操作でもなく~、やっぱり読書だった。

 つまりは、活字を読んで空想していると、旅をしているような浮遊感を擬似的に感じられて、気持ちがよくなり心が安定してくるわけだ。半世紀かけて、とてつもなく読書依存性になってしまっている。治る見込みはまずない。となると、最後まで読んでいたいのだが、以前の文庫や図書は活字・フォントが小さくて目が痛くなる。最近の文庫本は随分読みやすくなっておる。

 だからiPadやスマホは字を大きくできるから便利なのだが、重かったり、メールが来たりして邪魔くさい脳。このごろやけに商品宣伝メルが多い。困ったことだ。
 さて、また明日がある。気力を保とう(ariesaries)。

|

« 九州2011夏:小倉篇:松本清張記念館と文学館 | トップページ | 九州2011夏:佐賀篇:佐賀県立図書館の朝 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/52498486

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:疲れたので読書していた:

« 九州2011夏:小倉篇:松本清張記念館と文学館 | トップページ | 九州2011夏:佐賀篇:佐賀県立図書館の朝 »