« NHK江(36)男の覚悟:覚悟と言っても | トップページ | 小説木幡記:生きている証 »

2011年9月19日 (月)

小説木幡記:月が二つ見えるのは地球では病気だと分かったのだ

Muimg_5252 超・長編SF『砂の惑星』Duneシリーズの世界では、月が二つある。デヴィッド・リンチの映画でもそれは描かれていた。だから、その世界へ行けば、確かに大きな月が二つあるのだろう。勿論、わが太陽系でも火星の月(衛星)は2こ、木星や土星はそれぞれ60以上の衛星が回りをぐるぐるまわっているのだから、空を見上げるとそれこそ「月だらけ」なのだろう。

 となるとまてよ。
 地球の月は一個と昔から決まって居る。人類が生まれぬもっと昔は知らないが、ここ数万年の間は月は一つだ。だから、月が二つもあるような地球の小説は、きっとSFだろうと思っておった。

 ところが。
 最近ようやく知ったのだが、眼科領域の話では「複視」という目の病気があるらしい。これは夜空の月が確実に二つに見えるという、なんとも1Q84的雰囲気の病気らしい。小説だと月が二つ、三つに見える人が出てきても、ちっとも困らないが、現実にそういう人がいると、これはその人にとってはなかなか気苦労が絶えぬことだろう。

 というわけで。
 事実は小説より奇なり。月が二つに見える人は、現代日本に比較的沢山おられると、初めて知った。ふむふむ。
 しかしもしも、小説『1Q84』の最終巻で、「実は主人公は複視でした」なんてなことになると、鼻白むなぁ。

  複視について(藤田眼科)
  複視(メルク・マニュアルズ)

|

« NHK江(36)男の覚悟:覚悟と言っても | トップページ | 小説木幡記:生きている証 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/52633920

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:月が二つ見えるのは地球では病気だと分かったのだ:

« NHK江(36)男の覚悟:覚悟と言っても | トップページ | 小説木幡記:生きている証 »