« 九州2011夏:佐賀篇:佐賀県立図書館の朝 | トップページ | 小説木幡記:月が二つ見えるのは地球では病気だと分かったのだ »

2011年9月18日 (日)

NHK江(36)男の覚悟:覚悟と言っても

承前:NHK江(35)幻の関ヶ原:歴史の難しさ

 石田三成が捕まって六条河原で斬首されました。
 秀忠が関ヶ原遅参のことで、家康にはすぐに会えず、会見出来たのは大津城について三日目の事でした。
 秀忠が関ヶ原へ出発するまえに、江の女中に手を付けて、懐妊し、男子を産みました。
 それを知った江は「竹千代」と名付けることを、秀忠に止めて欲しいと言いました。

 大坂城では、大野治長(おおのはるなが)が淀君にはじめて目通りしました。
 京極夏彦じゃなかった、高次さんは高野山へ行ったきりで、家康が気にして(京極さんが大津で長時間西軍を手こずらせたから)若狭八万石をお渡しましょうと、初に言いますが、初は「夫の苦しみを思い返せば、八万石くらい当然です」と怒るし~。

 淀君に家康・秀忠が会見したとき、秀忠はそれとなく三成の気持ちを淀君に伝えます。そして豊臣に忠義を尽くすといいますが、父の家康はしらけていました。家康は十分に天下取りすると腹をくくっておりました。

 一晩でこれだけのことがあると、何から話して良いか分かりません。
 また来週にしましょうか。
 (いえ、今夜も面白かったのは事実です)
 (ただ、仲間さんのテンペストが今日で最後だったので、ちょっと気持ちにぶれがしょうじておりました(笑))
 

|

« 九州2011夏:佐賀篇:佐賀県立図書館の朝 | トップページ | 小説木幡記:月が二つ見えるのは地球では病気だと分かったのだ »

NHK江」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK江(36)男の覚悟:覚悟と言っても:

» 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第36回... [徒然”腐”日記]
いつ観るの止めようかと思い続けた江も残すところ後10回惰性で観るのも慣れた36回感想で~っす今回はいつにもまして短くいきますだって書くこと少ないんだも~~~~んあらすじ... [続きを読む]

受信: 2011年9月19日 (月) 17時43分

» NHK江(37)千姫の婚礼:伏見から当時を偲ぶ [MuBlog]
承前:NHK江(36)男の覚悟:覚悟と言っても  今夜もあまり書くことは出来ませが。  茶々、初、江の三人が、江(と秀忠)の娘・千姫の、豊臣秀頼との婚礼で、大坂城に集まってよかったです。ドラマではなんと江が大阪(伏見?)でまたしても(笑)女児を産み、この娘さんは姉の京極初の養女となりました。なにやらドラマのような現実です。江は、秀忠の許しを得て、身重でしたが、千姫の輿入れに付き添ってきたわけです。... [続きを読む]

受信: 2011年9月25日 (日) 20時00分

« 九州2011夏:佐賀篇:佐賀県立図書館の朝 | トップページ | 小説木幡記:月が二つ見えるのは地球では病気だと分かったのだ »