« 小説木幡記:真夏の深夜考・読書考 | トップページ | 小説木幡記:放射能を含めてわが祖国 »

2011年8月11日 (木)

小説木幡記:とりとめもなくブロッグ休みを繰り返しておりました

Adsc00015 おちついて物を考えたり、熟睡したり(最近は分割熟睡睡眠が多い)、物をよくかみしめて味わったり、幾人もの友達のことを深く回想したり、接した物語(小説、映画、芝居、体験など)の数々を想起し、その佳さをなんども思い出そうとするのだが、それを邪魔するように、こちゃこちゃと日々が慌ただしく過ぎ去り、落ち着きのない後半生じゃ脳。
 人生の華やぎは過ぎ去り老境が深く身にしみてきた、このごろじゃ。
 記憶が途切れ、目もかすみ、耳も遠のき、財布も軽くなり、いつもぼんやりしては、回りからせかされて遅い仕事に取り組んでおる。

 最近の成績管理はやたらと遅い。
 最近の会議の内容をほとんど記憶できぬ。
 教員の名前と姿が一致しない。
 学生に同じことを何度も問いただす(名前は? どこから来ている? 何年生?)

 若いもんら(研究者達)が書いた同業論文を殆ど読めぬ(なぜかは、言わぬ)
 学生達の書いたレポートを日本語として判読するのに数秒かかる。
 RSのアクセルを時速60キロ以上に踏み込めなくなった。
 近所のメシヤへ行っても素麺ばかり食べておる。
 卒業生と在学生との区別が付かなくなった。

 そうそう。
 文字はまだ読める。毎晩長大なSFを数頁ずつ読んでおる。
 帰路、宇治川沿いの京阪電車(江戸町付近)を撮している人達を車窓から眺めて(男性3人組。離れたところで女性1人(女性はカバンにでっかいペットボトルを入れておった。無謀な無帽だった))、あの男ら、昼日中から仕事もせずに京阪電車を撮しておるぞ、そんなんいつでも走っておるのに、あほちゃうか、と明晰な判断をくだすだけの客観的知力はまだ残っておる。そういえば、空の鳥もいつも飛んでおるのに、双眼鏡でながめるだなんてぇ~あははは。
 またメシヤでは素麺が三種類あることも正確に弁別し、日々、異なった物を食べておる。

 かくかくしかじか、余は老境なのか、観察眼が鋭すぎるのか、よく分からなくなった。
 さて、今朝も仕事じゃ。
 葛野の冷房は28度Cにしても、よく冷えるのう。寒いぞ。


大きな地図で見る
↑撮り鉄&鉄子らが京阪電車を撮しておった地点(2011年8月10の午後4時すぎ)

|

« 小説木幡記:真夏の深夜考・読書考 | トップページ | 小説木幡記:放射能を含めてわが祖国 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/52300164

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:とりとめもなくブロッグ休みを繰り返しておりました:

« 小説木幡記:真夏の深夜考・読書考 | トップページ | 小説木幡記:放射能を含めてわが祖国 »