« 小説木幡記:古代と現代 | トップページ | 小説木幡記:夏の葛野日常 »

2011年8月 7日 (日)

NHK江(30)愛しき人よ :伏見城界隈

承前:NHK江(29)最悪の夫 :長姉としての淀君 

 六歳年上で過去に二度結婚し、娘も一人はいた江と、若い秀忠とがすんなりと本当の夫婦になるには一年かかったようです。なにかと難しい女性や男性の心の綾を、ともかく番組一度ですませてくれたことに深謝(笑)。こういう画面は苦手なのです。

 だれの心も二重三重にからみあっていて、単純なものではありません。仕方ないと思うより他ないのですが、場面設定としては、寝所を深夜抜け出した江が私室で昔の夫の形見に取りすがって泣き濡れて、そのまま寝入ってしまった様子を垣間見た秀忠も、しんどい思いをしたことでしょう。

 さて。
 伏見桃山城跡について、NHKの表現がわかりにくかったです。桃山御陵は明治大帝の墓所なのに、画面もナレーションもひと言も触れておりません。現在、模擬城がありますが、これは伏見桃山城跡ではないのです。そして秀吉時代、徳川初期時代と、伏見桃山城は再建されて規模や位置は異なるわけですが、現在の明治大帝御陵は、伏見桃山城跡に造られています。一番最初の城は、御香宮の南で、宇治川に近いところだったようです。で、結論は歴史の舞台になった伏見桃山城は、明治天皇御陵の位置にそびえていたと考えれば良いわけです。乃木神社はすぐ南ですから、徳川家康屋敷はすぐ近くにあったわけです。そこで、秀忠や江は新婚生活を送ったのでしょう(笑)。


大きな地図で見る
↑乃木神社、徳川屋敷跡付近

|

« 小説木幡記:古代と現代 | トップページ | 小説木幡記:夏の葛野日常 »

NHK江」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK江(30)愛しき人よ :伏見城界隈:

» NHK江(31)秀吉死す:醍醐の櫻、難波の夢 [MuBlog]
承前:NHK江(30)愛しき人よ :伏見城界隈  豊臣秀吉が生まれたのは1536年頃で、亡くなったのが慶長三年(1598)ですから、満年齢だと61~62歳くらいの生涯でした。信長や芭蕉が49歳、人生50年の世界ですから、長生きされたといえるでしょう。本当に、日本史に完全な刻印を残すほどに波瀾万丈の生涯でした。信長、秀吉、家康の三人をながめてみますと、一番ど派手な人生だったと思えます。人生そのもの、... [続きを読む]

受信: 2011年8月14日 (日) 21時26分

« 小説木幡記:古代と現代 | トップページ | 小説木幡記:夏の葛野日常 »