« 小説木幡記:初秋のような入梅のような京都でスマホ・ワンセグ | トップページ | 小説木幡記:ミステリ三昧、『砂の器』など »

2011年8月21日 (日)

NHK江(32)江戸の鬼:秀忠の正体

承前:NHK江(31)秀吉死す:醍醐の櫻、難波の夢

 今夜は秀吉亡き後、石田三成が徳川家康を暗殺しようとしている噂が引き金になって、秀忠と江とが江戸へ移る話でした。たしかに本能時の変で信長親子が近くに居たので、明智光秀にまとめて攻められてしまいました。そういえば、大坂城と伏見城とがあって、それとなく秀吉が伏見に隠居し、秀頼が大坂城に居たような印象が残ります。権力者と後継者とは、離れていた方が良いのでしょうね。

 その変形として、徳川の御三家も、内紛の種にはなりましたが、初期にあっては江戸が攻められても、水戸や尾張や和歌山に、徳川を継ぐ縁者が居たというのは、用心深い方法だったのでしょう。

 それで。
 江が秀忠を少しずつ見直すようになりました。秀忠が三成を屋敷に招いて、家康を暗殺するものが出ぬように監督を依頼したり、酒を勧めたりと、政治的な駆け引きを江が目の当たりにしたからです。秀忠は江に「オヤジになにかあれば、わしが後を継ぐのだから、それなりにいろいろ考えて知っておくことがある」と、答えました。

 そういえば。
 隆・慶一郎さんの名作『影武者徳川家康』では、秀忠が徹底的な悪役で活躍(笑)しておりました。関ヶ原の集合に遅れたのも、真田との関係も、いろいろ事情があったのかもしれません。

 ところで。
 江戸には秀忠の乳母にあたる大姥局(おおばのつぼね)がいて、なにくれとなく秀忠の面倒をみます。江にとっては姑みたいなものですね。江の立場にたつと、この加賀まりこさんとか、後日には春日局さんとか、江に対抗してくるおばさん達に囲まれて、正室としての権力筆頭ではあっても、さぞ気苦労が絶えなかったことでしょう。

 というわけで。
 今夜は、江の置かれた立場の複雑さがありありとわかる場面でした。ねねさん、淀さん、初さん、江さんと、この四人の女性が豊臣と徳川と、おのおのの立場のもとで、悩んでいくのがドラマの後半になるようです。
 来週も楽しみです。

|

« 小説木幡記:初秋のような入梅のような京都でスマホ・ワンセグ | トップページ | 小説木幡記:ミステリ三昧、『砂の器』など »

NHK江」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK江(32)江戸の鬼:秀忠の正体:

» NHK江(33)徳川の嫁:三成という人 [MuBlog]
承前:NHK江(32)江戸の鬼:秀忠の正体  石田三成という人は、五奉行筆頭でしたが、加賀の前田さんが亡くなった後、秀吉子飼いの者達から屋敷を囲まれました。三成は頭のよい能吏だったからでしょうか、朝鮮戦役で苦しんだ大名たちからは疎まれ、憎まれたわけです。ドラマでは秀吉の軍師だった黒田官兵衛が三成に「人の心が分からぬ人だ」と言います。  現代でも一般に頭の良い人に見受けられます。順風満帆、幼少時から... [続きを読む]

受信: 2011年8月28日 (日) 20時39分

« 小説木幡記:初秋のような入梅のような京都でスマホ・ワンセグ | トップページ | 小説木幡記:ミステリ三昧、『砂の器』など »