« 小説木幡記:平成の精神 | トップページ | 小説木幡記:穏やかな人生の中に時々風雨 »

2011年7月 1日 (金)

小説木幡記:夏休みにと、ため込んだ予定の洪水

Mudsc00007 ついに2011年、平成23年の7月に入ってしまった。なにかしら感無量の、こみ上げる気持ち。カレンダーで夏の季節に入っただけなのに。小学生の頃には7月1日に、世間では海開き、山開きの祭典があった。山や海へ行くほど豊ではなかったが、心が浮き立った。「夏休み!」と。

 考えて見ると大学を卒業して以来、ずっと大学キャンパスが仕事場だったので、夏季は大抵、回りが閑散となって、独特の味わい、シーンとなって、暑くって、みんな遊びに行って、自分は執務机や図書室や研究室で、ぽつねんと一人仕事していたような、そんなイメージ。そうだ、蝉の鳴く中、汗をかきながら、金田一耕助が岡山県の田舎を歩いているような、そんな感じだったなぁ。

 口に出して言うのが口癖なら、脳で考えるだけなら脳癖とでもいうのだろうか。口癖も脳癖も、「この仕事は、もっと時間のとれる夏休みにしよう。今は手を付けなくてよかろう」だった。そうそう、余にとっては宴会や旧知往来も仕事の一種やから(そう思わないと、捨て置くと、書斎や研究室から一歩も外に出ない)、そういう寄り合いも必然的に7月や8月にたまってくる。勿論、お楽しみ読書も研究読書もすべて夏休みに!

 ~
 となると、必然的に、年間で最大の繁忙期がなんと、皮肉なことに、7~8月になる。これは要するに、怠け者の節句働き、と同じことだな。
 そういうわけで、7月1日、そろそろ夏の忙しさが襲ってくる。それに比べると、これまでの日常は実に牧歌的な、のんびりした季節に思える、脳impact

|

« 小説木幡記:平成の精神 | トップページ | 小説木幡記:穏やかな人生の中に時々風雨 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/52086670

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:夏休みにと、ため込んだ予定の洪水:

» 連休・夏休みの国内格安航空券、格安ツアー [国内格安航空券【T]
連休・夏休みの国内格安航空券、格安ツアー毎日2,000便、国内線すべての割引航空券の最安値を一発検索&比較! JAL・ANA・SKY・ADO・SNA・SFJ・FDAの航空券が同時に予約できます。 [続きを読む]

受信: 2011年7月 1日 (金) 14時23分

« 小説木幡記:平成の精神 | トップページ | 小説木幡記:穏やかな人生の中に時々風雨 »