« 小説木幡記:映画の話 | トップページ | 小説木幡記:梅雨月の1/3 »

2011年6月 8日 (水)

小説木幡記:終の栖・サズ・きりたんぽ

Simg_4322ついの教室
 ときどき思わぬ言葉がもれでてきて、独り言いう。さっき、「つひのすみか」と呟いた。小林一茶の、これがまあ、終のすみかか、雪五尺。だった。一茶がどんな風に思っていたのかは知らないが、これでおわりだよ、この家で死ぬのだよ、~あるいは、この職場で終わりだよcat、この教室で人生の仕事納めをするのだよ~と。

やどらんか
 Googleで{ヤドランカ 誰かがサズを弾いていた YouTube}と索いてみた。NHKのみんなのうた、2011年4月頃に盛んに耳にした。引用先・記事のコメントにもあったが、余も一度聞いただけで脳に染みついた。アニメも絶妙だった。わずかに5分間ほどの歌とアニメなのだが、芸術の力は大きい。

きりたんぽの手
 最近ハルキ猫君は体毛の抜け替わり時期なのか、膝に乗ると膨大な綿猫毛が余のパジャマにまとわりついてくる。それで、ときどき手の肘を握ってしげしげと眺めるのだが、白猫だからなのか、手がきりたんぽそっくりに見えることがあって、思わず笑ってしまう。そうそう、最近遊んでいるのは、肉球を押さえると、長い爪がにゅわぁと飛び出してくることかな。実に、面白い脳。

|

« 小説木幡記:映画の話 | トップページ | 小説木幡記:梅雨月の1/3 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/51692360

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:終の栖・サズ・きりたんぽ:

« 小説木幡記:映画の話 | トップページ | 小説木幡記:梅雨月の1/3 »