« 小説木幡記:無縁有縁 | トップページ | 小説木幡記:わんこにゃんこ »

2011年6月22日 (水)

小説木幡記:とりとめもなく:都の右京

Mudsc00133 閑でもないが、とりとめもなく物事を考えこむ時間が長くなってきた(笑:やはりそれを暇人というのか)。たとえば平安京には桓武天皇さんが「鳴くようぐいす」で、794年にご近所の長岡京から遷ってこられた。8世紀末、9世紀の事だな。和暦だと延暦13年のことらしい。

京都市右京区のこと
 それから京の都が発達し出したのだが、どうにも左京ばかりが発展し、余が幼少より住まいし、今は勤め先となっておる右京区の分が悪い。要するに平安京全体からみて、取り残され始めたようだ。その事情をこれまで読んだ本で、思い出せる事だけでまとめると、湿地というか、土地が住むのに適していなかった、という説がある。

 左京の外れには鴨川があって、結構あふれたり、死人の捨て場だったり処刑場だったりした割りには、左京方面が発達した、と。右京の外れには、大堰川というか桂川があって、これは流れの大きな河川だから洪水もあったろう。平安京に天皇さんを呼んだ張本人の秦氏は、右京の太秦近くに住んでいたのじゃなかろうか。そして桂川の堰堤を作って治水に務めたはずだ。~それなのに、右京が寂れていった。いつか、どこかで寂れた原因を調べておこう。

|

« 小説木幡記:無縁有縁 | トップページ | 小説木幡記:わんこにゃんこ »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/51919626

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:とりとめもなく:都の右京:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/06/23 08:47) [ケノーベル エージェント]
京都市右京区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2011年6月23日 (木) 08時47分

« 小説木幡記:無縁有縁 | トップページ | 小説木幡記:わんこにゃんこ »