« 小説木幡記:論文の季節 | トップページ | 小説木幡記:愉悦なこと »

2011年6月26日 (日)

NHK江(24)利休切腹:極小極大の茶

承前:NHK江(23)人質秀忠:利休も黒田官兵衛も、……。 

 今日は、本当に重い場面でした。利休はついに切腹を命じられたのです。命じた秀吉も、命じられた利休も、ともに不世出の偉才でした。本当に、あの時代~、信長、秀吉、利休。信じられないほどの偉才が開花していたわけです。

 俳優の石坂浩二さんと、千利休さんとは、ドラマの先週・今週では実年齢が丁度同じのようです。石坂さんへの言及はあまりしませんでしたが、昔からお気に入りの俳優さんでした。今回も独特の関西弁というか、堺弁なのでしょうか、幼い頃の江とのものやわらかな語り口が、耳に残っています。

 ずっと、千利休という人の新しい姿を見ている気分でした。皮肉っぽくて、頑固で、鼻っ柱が強くって、美味しいお茶をいただけそうで、清潔な茶室で清潔なお茶をごくりと飲む気分になって、ああ、お茶ってそういうものでしたか、美味しいです。欠けた竹筒に一輪。さわやかな風の音を聞く利休。それが見えない聞こえないと涙を流す秀吉。そして戦国武将達が目をつぶってお茶を一杯、明日は死の出陣をしていく前に、ほろほろと本音や愚痴の一片を眼前の師匠に語りたくなるような、今度の石坂・利休は、場面に出てこないところまで想像させて、なかなかに、納得できました。

 お茶好きの秀吉が世間に広めた茶に関する多くのイベントは、利休が演出したとかんがえてよいわけで、この点では極大のお茶世界でしたでしょう。そして、狭苦しい茶室で黒っぽい茶碗にいれて差し出すお茶は、極小世界のお茶だったのでしょう。どうしても秀吉には見えない世界、そこを演出する利休。好きな人、面白い人にしか茶をいれたくないと強情はる利休。涙する秀吉。きっと、……。私が秀吉なら、同じように、利休に切腹を命じる事でしょう。

 さてそのように、今夜ついに秀吉との確執が捻れきって、利休は切腹を賜ります。打ち首、磔獄門ではないので、これは他の刑死とは異なります。
 ふむ、この話は今となっては、秀吉も利休も、どちらもどちらと言って良いでしょう。しかし秀吉がまともだったとも思えません。70過ぎの爺さんにしわ腹切らせるなんて、かつて狂騒の室町幕府将軍・足利義教(よしのり)が70過ぎの世阿弥に佐渡遠島を申しつけたのと同じくらいに、政治家としては落第所行です。

 徳川家康への関東・国替えの強制。朝鮮使節への横暴なふるまい。利休への切腹命令。こういう中で補佐役、弟の秀長が郡山で病死します。これからは、利休が言ったような、だんだんますます「おもしろく無い」秀吉を見ることになります。
 そして、江はまだまだ右往左往しています(笑)。来週、再来週にはまた嫁に行くようですね。


大きな地図で見る
↑豊臣秀長(秀吉の弟)の居城、大和郡山

|

« 小説木幡記:論文の季節 | トップページ | 小説木幡記:愉悦なこと »

NHK江」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK江(24)利休切腹:極小極大の茶:

» 江 -姫たちの戦国- 第24回「利休切腹」 [あしたまにあーな]
歴史上重要だと思う場面が次々とナレーションを含めて1分程度で処理されていくのが、どうしても悲しい気がします。例えば、北条家を攻め滅ぼした後の論功行賞で家康に対して、国替えを強要した秀吉と家康の駆け引きや心情がわからないまま終了してしまったり、朝鮮出兵を思い至るプロセスや朝鮮の通信使との駆け引きなどもないまま、お笑いを誘いつつそのまま終了してしまう場面。 こういう江をとりまく重要な環境変化に対して、もう少し描写を多くしてほしかったと思います。そういう場面を削除せざるを得ないほど主人公である江の登場シー... [続きを読む]

受信: 2011年6月26日 (日) 21時35分

» 江 -姫たちの戦国- 第24回「利休切腹」 [あしたまにあーな]
歴史上重要だと思う場面が次々とナレーションを含めて1分程度で処理されていくのが、どうしても悲しい気がします。例えば、北条家を攻め滅ぼした後の論功行賞で家康に対して、国替えを強要した秀吉と家康の駆け引きや心情がわからないまま終了してしまったり、朝鮮出兵を思い至るプロセスや朝鮮の通信使との駆け引きなどもないまま、お笑いを誘いつつそのまま終了してしまう場面。 こういう江をとりまく重要な環境変化に対して、もう少し描写を多くしてほしかったと思います。そういう場面を削除せざるを得ないほど主人公である江の登場シー... [続きを読む]

受信: 2011年6月26日 (日) 23時21分

» 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第24回... [徒然”腐”日記]
先ほどようやっと録画してあったのを観ましたさくさくっと手短に感想いきますあらすじは江公式サイトから天正18年(1590)7月、秀吉(岸谷五朗)は勝利に終わった北条攻めの論功行賞とし... [続きを読む]

受信: 2011年6月29日 (水) 15時17分

» NHK江(25)愛の嵐:狂乱の秀吉 [MuBlog]
承前:NHK江(24)利休切腹:極小極大の茶  確かに愛の嵐ではありますが、このタイトルはナチの狂気を描いた映画の翻訳として「愛の嵐」(The night porter)を思い出させますので、少し外れます。  短時間の間に、利休の死、鶴松の死、関白職を秀次に譲り太閤となる、江と秀勝の結婚を命ずる、朝鮮出兵、……。  あっという間に時が経ってしまいました。  ツッコミところはいろいろあるのですが、利... [続きを読む]

受信: 2011年7月 3日 (日) 19時50分

« 小説木幡記:論文の季節 | トップページ | 小説木幡記:愉悦なこと »