« 小説木幡記:庶民の牛丼 | トップページ | NHK江(19)初の縁談:信長の姪というブランド »

2011年5月22日 (日)

小説木幡記:鉄道ムックや単行本:絶景への旅本

Aopimg_5574 最近思いもよらない人から鉄道旅の図書をもらい受けた。

1.日本の鉄道:車窓絶景100選/今尾恵介 他著(新潮新書、268)
 4人の鉄道乗りが侃々諤々、北から南まで日本の絶景100を選ぶ過程がおもしろい。声の大きい人に遮られたり、なんかの拍子で、選外になりかけの鉄道風景が入選したりで、そのプロセス、楽屋裏が面白いな。

2.新廃線紀行/嵐山光三郎 (光文社、2009年)
 嵐山さんのことはよく知らないが、以前『悪党芭蕉』という著書を面白く読みながら、かつ罵倒していた。今度の廃線ものでは「廃線旅行は、ノスタルジアではなく、命がけの探検となる」というセリフに惹きつけられた。

3.にっぽん木造駅の旅 100選/萩原義弘(平凡社 コロナ・ブックス、2009年)
 萩原さんという方は、写真家のようだ。実に綺麗な各地の木造駅や周辺絶景が写真になっていた。美作滝尾駅(JR西、因美線)の写真からは、駅頭に探偵・金田一が降り立ち、まさに事件村に向かう瞬間~のような風情がある。

4.宮脇俊三:時刻表が生んだ鉄道紀行(文藝別冊、KAWADE夢ムック、2009年)
 宮脇さんという鉄道文学の巨人について、わかりやすく描かれていた。たぶん、余は別の人生でこんな風な仕事をして生きたかったのだろう、かな(笑)。

 最近木幡研では図書雑誌を整理している。その途中で、上記4冊をもらった。ひとつひとつが良書と言える内容なので、今後の余生の血肉となると思った。この図書内容の数パーセントであっても、自分で乗って歩いて、写真を撮りたい。
 余は、日本の風景が好きなのだ。とりわけ、鉄橋や単行列車や、錆びたレールが好きなのだ。なにか郷愁がわく。しかし、近所に愛宕山ケーブルカーの廃線があって、中学生頃にそこをたどったが、二度と行けない「危ない道」だった。嵐山さんの、命がけの廃線紀行というのは、その意味でも、遠くから眺めるだけに終わりそうだ。しかたない。
 駅については、門司港駅のよさなど、以前何も知らないままに味わったことがあるので、身体に自然になじみそうだ。中でも日光駅の風情に感動した。日本にはまだまだ、新幹線駅とは異なる別の世界が残っておるようだ。
 人生はいろいろな楽しみがあるもんだ、わい。

|

« 小説木幡記:庶民の牛丼 | トップページ | NHK江(19)初の縁談:信長の姪というブランド »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/51573545

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:鉄道ムックや単行本:絶景への旅本:

« 小説木幡記:庶民の牛丼 | トップページ | NHK江(19)初の縁談:信長の姪というブランド »