« 小説木幡記:毎日想うこと:ボンド水溶液、カタカナ。 | トップページ | 小説木幡記:スマホが欲しい病気と買わない理由 »

2011年5月25日 (水)

小説木幡記:月次な年次なかたぎの世界

Aopimg_3846 毎月きまった行事を月次というが、これは神社に参ればそれが書かれていて、決して「月並み」な話ではない。実は大学も毎年同じ行事があって、これも「年並み」なことではなく、毎年経験する学生は、それが初めてのことであり、指導者側(先生や職員や上級生だな)は、心をまっさらにして接する必要がある。

 ただ、月次(つきなみ)という字はあったが、年次(としなみ)という字はなかった。角川類語国語辞典で探してみたが、年中行事という類義語はあったが、これは年間通しての予定を意味し、それが毎年同じように繰り返すという意味ではなかった~

 そこで、余は困った。
 月次はあっても、日次(ひなみ)とか年次(としなみ)は無いのだろうか。文字はあっても、意味が異なる。困っておる。こういう難問は、図書館のレファレンス・カウンターで聞いて見ないと、答えは出ぬかもしれぬ。

 で、以上がまえふりなのだ。
 次が本論。

 毎年毎年、年々歳々、歳々年々、余は同じようなことを授業や活動で話し方針を示し、動いてきた。人は「それでは、進歩がない」と、安易に申すものもおるが(笑:余は進歩を唱える人達を、蔑視しておる)。原理原則をつかんだら、物事はほとんど自動的に対象自体の則(のり)で動いていく。余がうごくのではない。人や物事が動き出すという事じゃ。それは実に自然な風景である。その自然な動きを阻止して進歩させるのは、趣味としては良かろうが、公事としては博打に等しいことだな。

 昨今は、博打打ちが世間に多い。要するに、虚業だな。たとえばネットを使って株金儲けをしようだなんて、アハハッ! かたぎのもののすることじゃない。で、素人さんもそういう考えに染まっておる。これはよくない。みんなして、かたぎに戻ろうぞ。

|

« 小説木幡記:毎日想うこと:ボンド水溶液、カタカナ。 | トップページ | 小説木幡記:スマホが欲しい病気と買わない理由 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/51573519

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:月次な年次なかたぎの世界:

« 小説木幡記:毎日想うこと:ボンド水溶液、カタカナ。 | トップページ | 小説木幡記:スマホが欲しい病気と買わない理由 »