« ナニワ・モンスター/海堂尊 これもユートピア(読書感想文) | トップページ | 小説木幡記:一息付ける頃合いか »

2011年4月24日 (日)

NHK江(15)猿の正体:それ仁か、誠か

承前:NHK江(14)離縁せよ:小牧・長久手の戦い

 江が姉の茶々や初に語った秀吉調査についての結論は、「大嘘つきだけど、誠がある。それに人は動かされる」という言葉でした。江は秀吉の一存で嫁に出されてすぐ離縁されたことで、怒り心頭。秀吉の弱点をしらべまわったのです。

 確かに。
 客観的に言って、秀吉は類の無い人物でした。
 いや。
 あの時代は、今でも小説やドラマや映画にたびたびなるくらいですから、特殊な時代で、特殊な群像が頻出した時代だったのでしょう。上杉謙信、武田信玄、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、秀忠、家光。そしてあまり話題にはなりませんが、秀吉の死去と前後して生まれた後の後水尾天皇など、一筋縄ではいかない人達が歴史舞台で次々と輝いていました。

 秀吉が後に関白、太閤秀吉とまで上り詰めたのは、彼自身のたぐいまれな才能、努力、体力、そして運としかいいようのないオーラがあったのだと思います。どんな場合にも政治は党を組む物です、つまり後についてくる者がない限り成り立ちません。ドラマ、物語で知る秀吉が太閤になるまでにどれほどの危機があって、それをどうやって乗り越えたかは、これからも画面に出てくるはずですが、戦(イクサ)も政治も一人でするわけではないので、おりおりに秀吉についてきた人達がいました。なぜ人は秀吉についてきたのか?
 単純に「人たらし」という才能だけだったのでしょうか?
 江の解釈では、この者達を秀吉が「誠心」で突き動かしてきた、という結論だったのです。

 とりまとめると、秀吉は江に向かって「江が怖かったから遠ざけた」と答えました。気性や感性や理屈の動きが信長と似ていると。秀吉は江と信長を重ねあわせているのです。ですから何事につけても、特に長姉の茶々に対する恋慕も、そばに江の目がある限り秀吉は金縛りにかかるわけです。
 ところが。
 「じゃ、邪魔な私を嫁にだし、すぐに、なぜ私を離縁させてまで、呼び戻し、養女にしたのだ」と問い詰めると、秀吉は「寂しかった」というのです。これはいささかわかりにくい話です。
 その秀吉の答えはこうでした、
 つまり、長い間、素性のわからない秀吉を取り立てて、城持ちにまでし、中国方面総指揮者にしてくれた信長を、秀吉は厳しいお屋形さまと怖れていました。しかし同時に、信長が居て一つの世界があって、その中で秀吉は成長したのですから、信長が明智光秀に討たれたことで、世界に穴が開いてしまった、ということなのでしょう。
 簡単に言うと。
 信長に指揮され、命令され、それに成功したことを復命することが秀吉の人生だったのです。自分の功績を一番理解してくれる他人が、信長だったわけです。
 要するに、秀吉の最大の「話し相手」が信長だったのです。
 その信長の喪失を埋めることを、気質も似た江に秀吉は求めたのでしょう。
 その複雑な秀吉を、江は「大嘘つきだが、誠意があって、それで人はついてきた」と、結論づけたわけです。

参考
 大坂城天守閣


大きな地図で見る

|

« ナニワ・モンスター/海堂尊 これもユートピア(読書感想文) | トップページ | 小説木幡記:一息付ける頃合いか »

NHK江」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK江(15)猿の正体:それ仁か、誠か:

» NHK江(16)関白秀吉:足利義昭の気持ち [MuBlog]
承前:NHK江(15)猿の正体:それ仁か、誠か  室町幕府最後の将軍、十五代足利義昭は昔から不思議な人に思えていました。六十過ぎまで元気で、長生きでした。豊臣秀吉と年齢が同じで、死は義昭が一年早かったわけです。将軍さまと不世出のドン百姓とが同じ時代に生きて同じ世界を渡り歩いて、最後に義昭は秀吉から一万石の待遇を受けて、四方山話の相手をしていたのです。それに秀吉の後の悲惨な豊家運命も見なくて済んだの... [続きを読む]

受信: 2011年5月 1日 (日) 20時34分

« ナニワ・モンスター/海堂尊 これもユートピア(読書感想文) | トップページ | 小説木幡記:一息付ける頃合いか »