« 小説木幡記:人災には反近代の対処 | トップページ | NHK江(13)花嫁の決意:江の最初の夫、佐治一成 »

2011年4月 9日 (土)

京都御所の公開2011/04/09(土)京都・御所内の桜

Muimg_5978
(↑京都御所・紫宸殿)

 宮内庁京都事務所が発行した「京都御所 一般公開」というリーフレットによると、現在の京都御所は光厳天皇即位(1331)~明治天皇東京遷座(1869)の間、約500数十年間、皇居だったとわかる。建物のほとんどは江戸時代末期(1855)に再建されたもので、何度も火災があったようだ。

 では桓武天皇が平安京を定めた794(鳴くよ、うぐいす笑)年~14世紀までの御所・皇居はどこにあったかというと、おそらくそのまま西に中心軸(朱雀大路)がずれていて、太極殿から南の羅城門が見渡せる、現在の千本通りあたりだと、図書には書いてあった。そうなのだろう。でないと、毎朝横を通る九条千本通りにある羅城門遺蹟が嘘になってしまう。このことは、別記事を参照されたい(MuBlog:平城京、長岡京、平安京:三都の南北標高差)。

 ここで、京都御苑と京都御所とは別のもので、京都御苑という庭に、{京都御所、迎賓館、大宮御所、仙洞御所、そのほか}があるわけだ。で、上記御所や迎賓館には、一般の参観に制限がある。その中でも、京都御所については春と秋とにそれぞれ5日間程度、完全な自由参観ができるので重宝する。

 日本という国は王城に堅固な城壁がなく、木と紙で作った屋敷に皇家が千年以上住んでいた、その事実は本当に大切なことだと思った。江戸城はいかにも武張っている。それに比べて山と川とが都を包み込んではいるが、天皇も貴族もまるで無防備な京都御苑、御所に長年住んでいた。日本は不思議な国だと再認識した。

Muimg_6025
(↑京都御所の内の桜)

 京都御苑全体としては北側の桜が華やかだった。これは後日に公開する。京都御所の内にある桜は下の写真3葉でわかるように普段見られないせいか、いつまでも見ていたい気持ちにさせられた。

2011御所:5951
2011御所:5957
2011御所:5963
2011御所:5964
2011御所:5976
2011御所:5978
2011御所:5980
2011御所:5981
2011御所:5985
2011御所:5988
2011御所:6001
2011御所:6004
2011御所:6007
2011御所:6012
2011御所桜:6021
2011御所桜:6025
2011御所桜:6017


大きな地図で見る
↑京都御苑の全体(京都御所、大宮御所+仙洞御所、迎賓館、他)

|

« 小説木幡記:人災には反近代の対処 | トップページ | NHK江(13)花嫁の決意:江の最初の夫、佐治一成 »

桜2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都御所の公開2011/04/09(土)京都・御所内の桜:

» NHK平清盛(04)殿上の闇討ち: [MuBlog]
承前:NHK平清盛(03)源平の御曹司:源義朝という男 NHK大河ドラマ公式あらすじ あて、というか  ドラマの終わる頃、紀行が数分あった。これまでのNHKドラマでも、いつも楽しみにしていた。今夜は近所の宇治平等院だった。摂関・藤原家が翳りなくさかえていたころ、関白・藤原頼通の別荘としてまるで浄土を思わせる阿弥陀堂を造った。それが今に残っていて、押しも押されぬ世界遺産である。頼通は全盛期・道長の息... [続きを読む]

受信: 2012年1月29日 (日) 19時45分

» NHK平清盛(04)殿上の闇討ち:さみなしにあはれ [MuBlog]
承前:NHK平清盛(03)源平の御曹司:源義朝という男 NHK大河ドラマ公式あらすじ あて、というか  ドラマの終わる頃、紀行が数分あった。これまでのNHKドラマでも、いつも楽しみにしていた。今夜は近所の宇治平等院だった。摂関・藤原家が翳りなくさかえていたころ、関白・藤原頼通の別荘としてまるで浄土を思わせる阿弥陀堂を造った。それが今に残っていて、押しも押されぬ世界遺産である。頼通は全盛期・道長の息... [続きを読む]

受信: 2012年1月30日 (月) 01時48分

« 小説木幡記:人災には反近代の対処 | トップページ | NHK江(13)花嫁の決意:江の最初の夫、佐治一成 »