« 小説木幡記:通り過ぎていく21世紀の日々 | トップページ | 小説木幡記:日々これ断片:ふらぐめんと »

2011年3月 1日 (火)

小説木幡記:海辺の駅図書館

Muimg_6955 
 
 ↑写真は2010年夏に開催した「未来図書館ジオラマ」制作で、書記局長2010が造った「海辺の駅図書館」だ。参加者全員が、ジオラマ、レイアウトを生まれて初めて造ったようだが、多くは三日間で基本を完成させた。
 この写真作品も書記局長は三日間で完成し、その後数日掛けて海の色や砂浜や階段に手を入れていた。
 余は特にこの砂浜におりる階段や海の色、そして濡れたような砂浜、岸壁が気に入っている。

 景色だけは豪華絢爛な地方駅。
 単線で乗降客も少ない。
 しかし気候に恵まれ海も静かでサメもいない。その片隅の駅には司書資格を持った女性の駅長がいて、乗降客へのサービスや、丘を越えた向こうの村や隣駅の子どもたちに読書指導をしている。子どもたちは本を読みたいだけでなくて、その駅長司書のおねえさんが気さくで、畳部屋の閲覧室の上がりかまちに腰掛けて、列車がくるまでの間、子どもたちに京都の話や、はやりのファンタジーや、映画の話をしてくれるのが楽しみなのだ。
 少女や少年は目を輝かせて遊びに来る。
 ここはそんな海辺の駅図書館なのだ。

|

« 小説木幡記:通り過ぎていく21世紀の日々 | トップページ | 小説木幡記:日々これ断片:ふらぐめんと »

小説木幡記」カテゴリの記事

情報図書館学」カテゴリの記事

コメント

岬の爺ちゃんの家

 という感じがします、夏休みに子供の頃遊びに出掛けた、思い出の漁師の爺ちゃんの家。

 贅沢に一軒家の為に岬を回るローカル線の駅がある。漁師の家にしては海岸から標高が高すぎるけど、足腰を鍛えるには良さそうだす。

 海岸はダッシュ海岸みたいだけど、雰囲気が最高です。迫る山の斜面が良く出来ている。

 なかなかの作品です、今まで一番ですね。

投稿: jo | 2011年3月 1日 (火) 06時57分

Joさん
 学生作品が褒められて、実にうれしいです。
 一方、「なかなかの作品です、今までで一番ですね。」
 という評言ですが、「今まで」はMuジオラマしかMuBlogに載せていませんから、これは実に苦しいコメントでもありました。あらゆるMu作品よりも、たった「3日間+α」で仕上げた学生作品の方が、優秀~!

この海辺の駅図書館は、
 すっきり
 色あいが落ち着いている
 センスがある
 細かなところにも注意が行き届いている。
そんな風に思っています。他にも優れた作品が数点ありましたが、以上の評点は共通しています。この作品では「海」が生きています。

ところで、Muのこれまでの作品は、
 ごてごてしている:レールの立体化に執心しすぎて、ぐちゃぐちゃです。
 色あいは変な原色水の色とか、くすんだ煤けたような黒や灰色。
 センスがなくて、不気味、気色悪い(笑)
 すべてが大ざっぱで、レールの砂もまき散らしただけの印象~木々はよれよれ
こんな風に自己評価しております。
辛いですねぇ。

 というわけで、Mu作品よりも、学生作品が褒められたことこそ教員Muの名誉です。
 これからも、指導にがんばります! 

投稿: Mu→Jo | 2011年3月 1日 (火) 12時28分

旦那 今までも良かったよ

 ただ、私のイメージに合ったようです。

 私はラジコン飛行機を製作したりしていますが、何時も自分よりも仲間が作る飛行機が優れて製作されています。

 しかし、自分が作る物は常に一番だと思って製作しています。

 ただ、最近は目も悪くなり、手先も昔のように動かんだす。年配者には年配者の良さが出る飛行機は無いかと探しています。

投稿: jo | 2011年3月 1日 (火) 16時04分

うむうむ。
 Muジオラマは、立体構造としてはものすごい精力を注ぎ込んでいます。急カーブ急坂の連続ですから、普通には模型が走らないジオラマです。そこを走らせるために数ヶ月以上かかります(本当ですよ)

 しかし、完成品はとにかく煩いです。
 なんだか出来上がって、眺める気分は遠のきますね。
 ~
 いろいろ悩み多いのです。

 たとえば、上手の人は、直線一本線路だけとか、せいぜい引き込み線がひとつとか~
 最後は線路をおかずに、廃線の跡だけとか(笑)
 うむむ。

投稿: mu | 2011年3月 1日 (火) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/50889978

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:海辺の駅図書館:

» 小説木幡記:アップル社のiBooks-Authorなどでうむふむ [MuBlog]
 以前、とは言っても2月ころか、アップル社が電子書籍を製作するツールをだした。無料というので飛びついて初版をダウンロードし、すでにパワーポイントで造っていたある種のbookを再構築した。  なかなかのものだった。  が、しかしそれから葛野も会議会議で失神するほど繁忙、さらにひな祭りには最高顧問を十年つとめた葛野図書倶楽部2001の集会もあって、寧日暇無し、ということが続いていた。  昨日から漸く心... [続きを読む]

受信: 2012年3月10日 (土) 15時54分

« 小説木幡記:通り過ぎていく21世紀の日々 | トップページ | 小説木幡記:日々これ断片:ふらぐめんと »