« Robo Xero (ロボゼロ) 01-05 | トップページ | 小説木幡記:東北関東大震災の記録(7)原子炉事故の長期戦 »

2011年3月27日 (日)

NHK江(11)猿の人質:三姉妹の涙

承前:NHK江(10)わかれ:戦国女たちの死生観

 タイトル「猿の人質」の意味が分からなくなりました。猿(おそらく、羽柴秀吉)の動きを封じるために、猿が大切にする肉親や子どもを預かり、猿が反逆したとき、その人質に危害を加える。あるいは、猿が何者かの動きを封じるために、三姉妹を自分の手元に置き、その何者かが猿に刃向かったとき、三姉妹を害する。「人質」という意味にはこの二つがあると思うのですが、さて、大河ドラマ「江」はどちらの「人質」を意味しているのでしょうか。あるいは私の考えからすっぽりと抜け落ちている第三の人質があるのでしょうか?

 ということで、今夜は「人質」の意味が分からなかったので、すこしもやもやが残りました。ただし、今夜も面白く観たのは事実です。

1.思いの外の苦労
 頭では分かっていても、心の底まで理解していないことはいろいろあるものですね。私はこれまで後世の淀君(茶々:つまり豊臣秀吉第一の側室で、豊臣秀頼の実母)を軽く理解してきました。要するに気位が高く美しく相当にわがままで、秀吉を振り回し、秀吉の正妻と対立した信長の縁者~、とステロタイプの「いやな女」と思ってきたわけです。もちろん、これは一般的な講談(時代小説です(笑))の影響を受けているわけです。
 しかし今夜のドラマで茶々(宮沢りえ)の涙を観ている間に、相当に考えが変わってきました。

 まず、茶々は世間の庶民も有名人も含めて、比較もしようがないほど想像を絶する苦しみを青少年期に味わっているということです。江とは違って物心ついたころに実父を秀吉に殺され、万福丸という兄弟(お市の実子かどうかは不明)も秀吉の手で磔(はりつけ)にされています。長浜でのことは、すべては信長の命令と考えることもできますが、手を汚したのは秀吉ですから、茶々の憎しみは強いと想像できます。さらに長じては、実母が秀吉に責(攻)められて自害したわけですから、恨みは骨髄。
 その中で三姉妹は、絶対的権力者秀吉に養われていくわけです。

2.涙のつきぬ境遇
 事情は1で書きましたが、三姉妹が肩寄せ合って泣きじゃくるのが、自然に思えました。
 この涙の中で堪え忍び、やがて茶々は豊臣の看板になり、そして江は徳川二代将軍秀忠の正妻・三代将軍家光の母となったわけです。真ん中の初は名門京極家に嫁ぎ、後日、大阪の姉・淀の方と、江戸の妹・江との間で右往左往というか関係修復の周旋をするわけです。

 目に見えない舞台裏で、織田信長の姪3人が、豊臣と京極と徳川の三家の女性代表となり、それぞれ子孫を残したことになります。信長・お市の兄妹のDNAは、徳川と京極家に後々まで残ったわけです。豊臣は大坂城落城で、消えたことになりますが。

3.女優のこと
 そんな中でも、3人の女優さんについて、今の段階(3月末期)で私の好みを記しておきましょう。洒落のつもりです(笑)。

 初:水川あさみ> 茶々:宮沢りえ> 江:上野樹里

 なぜこうなるのかは、男心の難しさですが、キーは「涙」「泣き方」でしょうね。水川あさみさんという方は初めて観る女優さんですが、幼女のようにべそかいて泣く姿がなかなかよいです。りえさんは彼女が10代のころからTVで観ています。泣き方は一番リアルで、もらい泣きしてしまいます。樹里さんはノダメで一度観ただけですが、ものすごい飛びようです。泣き方は怒濤のごとく~怖いです(笑)

 適材適所。三姉妹はすでに私の中で明瞭な歴史的人物になっています。
 お市さんは、これからもナレーションのようです。実は鈴木保奈美さんは、大昔、隠れファンでした(爆)。
 というわけで、男優のことはまた後日。

|

« Robo Xero (ロボゼロ) 01-05 | トップページ | 小説木幡記:東北関東大震災の記録(7)原子炉事故の長期戦 »

NHK江」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK江(11)猿の人質:三姉妹の涙:

» NHK江(13)花嫁の決意:江の最初の夫、佐治一成 [MuBlog]
承前:NHK江(11)猿の人質:三姉妹の涙  先回は所用があって、大河ドラマ鑑賞を見送りました。事情が重なって、録画して見る気力がでなかったわけです(笑)。さて今回は江さんが尾張の従姉妹、佐治一成のもとに嫁ぎました。なぜ嫁いだかというと秀吉の命令があったわけですが、秀吉の考えでは、史的には信長の次男の織田信雄が徳川家康と組んで秀吉に対抗するのを阻止するためだったと推定できます。佐治一成は、現在の愛... [続きを読む]

受信: 2011年4月10日 (日) 20時40分

« Robo Xero (ロボゼロ) 01-05 | トップページ | 小説木幡記:東北関東大震災の記録(7)原子炉事故の長期戦 »