« 小説木幡記:電子書籍の意外なギミック効用 | トップページ | 小説木幡記:邪馬台国中央図書館 »

2011年2月17日 (木)

小説木幡記:暇そうで忙しく

Muimg_6931 書店を覗いたら、文庫本上下、砂の器/松本清張が山積みしてあった。そういえば長く読んでいないので、購入した。例によって三月に二夜連続のドラマになるようだ。玉木さんという俳優~たしか、NHK篤姫で龍馬になった人だ。余にとってもこういう催しは密かな小さな楽しみだ。ところで、それまでに清張さんの文庫を再読するかどうかは考えるところだ。もう、何十年も昔のことだから初読のようなものだ。ドラマが先か、はたまた紙図書が先か、悩ましい日々であるぞぉ。

 葛野のもろもろはひとわたり、一巡したが、さていくつか重い宿題が残っておる。本当に気の重いことが次々とあるが、しかたなかろう、生きている証、税金。ああ、そういえば確定申告も~。うむ。うむ。なんだか仕事をしにこの世にうまれたような気がするな。もともと怠け者だから、この世のルールに従うのが、まるで拷問のように辛い。したが、拷問を我慢しないとたちまち餓死する。この世は辛い脳。

  春からの授業準備。
  夏期論文の前倒し(ジオラマ製作集中授業と研究旅行があるのでな)。
  電子書籍の案件考察メモ。
  校務は錦市場の賑わい。
  島図書館、邪馬台国周遊図書館、山上図書館の製作。
  列車自動運行ソフトウェア製作。
  少年司書ロボット製作。
  倶楽部仕事。
  私事は山積み。

 と、総て暇そうに見えるが、これがぁ、なかなか大変な大仕事ばかり。全部済ませると若死にじゃなかった、死期が早まる脳。しかし考えてみれば、こういうことをしている分には発狂もしない。脳も活性。よきかな、よきかな。あははは。
 発狂はしないが、ときどき鬱っぽくなってくる。
 そういうときは眠ると治る。
 ホメオスタシス完備。

|

« 小説木幡記:電子書籍の意外なギミック効用 | トップページ | 小説木幡記:邪馬台国中央図書館 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/50889667

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:暇そうで忙しく:

« 小説木幡記:電子書籍の意外なギミック効用 | トップページ | 小説木幡記:邪馬台国中央図書館 »