« NHK江(06)光秀の天下:明智光秀の坂本城 | トップページ | 小説木幡記:日曜作家のあとの平日業務は疲れる »

2011年2月14日 (月)

小説木幡記:小説>北森鴻、國鐵と松本清張

Mudsc00020北森鴻
 最近、北森鴻さんの作品に触れることが多い。昨年48歳で急逝された。なにかしら気に入った作風なのだ。もちろんひところのように、好きな作家作品を徹底的に読み込むことはしなくなったが、それでも北森さんの作品はおりにふれて目を通すことが多い。いつも安心して、気持ち良く読み終えている。

 今日、この記事を書きながら、それでも一度は「徹底的に主要作品を読み通したい」という想いにおそわれだした。もちろん、忙しいしお金もかかるから、そういう無理はしないことになっておるが、……。図書館で徹底的に探して読んでみたいと、そうするのだろう。

松本清張と國鐵
 朝日新聞社のAeraMookという冊子を入手した。「昭和の鐵道と旅」というタイトルで、主に貴重な復刻記事でまとめられていた。そのうち現代記事として<松本清張全駅全列車>があって、これはA4判で全24ページもあって充実していた。砂の器(木次線)、ゼロの焦点(北陸鉄道能登線・七尾線)、遭難(準急アルプス)、点と線(香椎駅)が話題になっていた。他に<33歳で初めて遠距離列車に>と、清張のエッセーの解説もあった。

(1)参考
北森鴻作品

(2)参考MuBlog
  2005.11.06 狐闇/北森鴻
  2009.06.06 小説木幡記:2009/06/06(土)俳句と料理のミステリ、山辺の道など
  2010.06.01 小説木幡記:2010/06/01(火)いろいろメモ:読書映画iPad

  2006.08.09 北九州の旅:松本清張記念館
  2007.11.26 点と線/松本清張:TVで観た「新・点と線」

|

« NHK江(06)光秀の天下:明智光秀の坂本城 | トップページ | 小説木幡記:日曜作家のあとの平日業務は疲れる »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/50642280

この記事へのトラックバック一覧です: 小説木幡記:小説>北森鴻、國鐵と松本清張:

« NHK江(06)光秀の天下:明智光秀の坂本城 | トップページ | 小説木幡記:日曜作家のあとの平日業務は疲れる »