« 浄瑠璃寺の立春:浄土式庭園 | トップページ | 大神神社(おおみわじんじゃ)と森正のそうめん »

2011年2月 6日 (日)

NHK江(05)本能寺の変:信長の屍

承前:NHK江(04)本能寺へ:目に見える形の馬揃え

 信長の棺/加藤廣、秀吉の枷/加藤廣と、二つの小説を以前読みました。ですから今夜の本能寺変はその小説やこれまでのドラマや映画や、一杯のイメージが私の脳に押し寄せる中で見ていました。それで、もちろんいろいろ知ってはいるのに、今夜も「さて、信長のご遺骸はどこに消えたのでしょう」と呟いておりました。空に翔けたか、地に潜ったのか、髑髏はおろか髪の毛一本まで燃え尽きたのでしょうか。そしてまた森の三兄弟も討ち死にしたはずなのに、信長の最後のセリフや様子はどうやって伝わったのか。信長公記や信長記はフィクションだったのだろうか~なにか忘れていることがあったのかどうか、と。
 ただ常にNHK大河ドラマとして観ているのですから、これまでの私の知っていた情報はすべて意味をなさず、トヨエツの信長がどうであったのか、光秀や森蘭丸や江や家康が今夜どうだったのか、しっかり見ておりました。

 今夜も感動が深かったです。
 それは何故なのかと、今考えているのですが、なにかはっきりした理由があるわけではなくて、江が信長に逢いたいと思ったその切実さがよくわかり、そして後の伏線でしょうか、家康が江をたいそう気に入るのもよくわかるわけです。セリフとか所作にあるのでしょうか、あるいは配役が上手なのでしょうか、要するに江は信頼されて「この娘は、なかなかの者になるぞ」と、思わせるところが出てくるわけでしょう。それがドラマの中に綺麗に溶け込んで、「ああ、江が大切にされている。当然なんだよ」と、思ってしまうわけです。その気持ち佳さがあります。

 ところで、明智光秀。
 この俳優さん、私は初めてなんですが、セリフまわしとか雰囲気がものすごく古典的で、最初のうちは「ちょっと、古いなぁ」と思ったのですが、数回前から、そして今回、最適だと思いました。手の震え、きまじめさ、おびえ、怒り、誇り、……。そういうものを一切合切まとめて、「敵は、本能寺にあり」の号令は良かったですね。相当に深い感動を得ました。何十度もいいますが、大河ドラマのよさは、信長にしても光秀にしても家康、千利休にしても、主役ではないのに、ものすごく良い配役がそろっています。勿論、名のみ高くてもうまく溶けない人も過去ドラマにいるには居ましたが、今回、すべて気持ちがよいです。

 嗚呼(ああ)、信長は亡くなりました。
 今度は光秀です。これからは秀吉や家康、茶々が表に出てくるのでしょう。実に、楽しみが深いです。


元本能寺南町: 大きな地図で見る

|

« 浄瑠璃寺の立春:浄土式庭園 | トップページ | 大神神社(おおみわじんじゃ)と森正のそうめん »

NHK江」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/50789113

この記事へのトラックバック一覧です: NHK江(05)本能寺の変:信長の屍:

» 江 -姫たちの戦国- 第5回「本能寺の変」 [あしたまにあーな]
歴史上この事件を知らない人はいないのではないかと思えるほどメジャーな本能寺の変が今回登場します。教科書の中だけでなく様々なドラマでこの場面を演じてきた役者がいますが、彼らに共通しているのは以下の3点。 ・最期は美青年である森蘭丸を引き連れていること ・矢で応戦するもやられて寺の奥へと引き下がること ・人間50年・・・という歌を歌うこと ご多分に漏れず今回の豊川悦司も同じようにしっかりと演じていました。ただし、今までにない場面が1箇所だけありました。それは亡くなる間際に江の思念体が登場し、なぜか冷たい... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 22時58分

» 光のさす方へ 〜江・本能寺の変〜 [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
時は今 天が下しる 五月かな 明智光秀が本能寺の変を起こす前に愛宕神社に奉納したという句。 時、つまり明智の祖先である土岐源氏の意味。 天が下しる、の意味には諸説あって、『天下をとる』とも、『...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 8日 (火) 19時55分

» NHK江(06)光秀の天下:明智光秀の坂本城 [MuBlog]
承前:NHK江(05)本能寺の変:信長の屍  あれよあれよというまに明智光秀は山崎の戦に敗れ坂本城に戻る途中、伏見区小栗栖で落ち武者狩りに遭って命を落としました。これほど素早い進展とは思わなかったので、筆が思うように進みません。  ともかくドラマでは、江は信長を好きでしたが、数ある武将の中でも明智光秀には好意を持っていたようです。  光秀の坂本城は水城だったと以前から知っておりました。大河ドラマで... [続きを読む]

受信: 2011年2月13日 (日) 19時44分

« 浄瑠璃寺の立春:浄土式庭園 | トップページ | 大神神社(おおみわじんじゃ)と森正のそうめん »